人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

今日のストアー

kinostore.exblog.jp

ココナッツモチ

もうずいぶん前から店頭に並べているのに、
記事にするまでもなくファンがついたお菓子。
それが、ココナッツモチです。

ココナッツモチ_e0287190_22511073.jpg


名前の通り、ココナッツ味のお餅。
餅と言っても杵でつくお餅ではなくて、
「もち粉」という、もち米を粉にしたもので作ります。

なにを隠そう私は大のココナッツ好きで、
海外のレシピでココナッツと名前のつくお菓子は
片っ端から作らないと気が済まないほどです。
そんななか出会ったのが、
ハワイの“Coconut Butter Mochi”でした。
レシピで“Mochiko”を使うと知り、
はてさてどうしたものか…と思ったのもつかの間、
沖縄はもち粉を使うムーチー(月桃の葉でくるんで蒸したもち)文化が
根付いているため、とってもポピュラーな食材だったのです。


“Coconut Butter Mochi”のレシピは山ほどあって、
それぞれ配合も食感もカタチも全然違って
おそらく各々の家庭の数だけ
レシピが存在するのではないかと思います。
そんなこんなで何度も何度も試作を繰り返し
(これほど生み出すのに苦労したお菓子はなかったかも!)
きのストアーのオリジナルココナッツモチが完成しました。

ココナッツモチ_e0287190_23313635.jpg


ココナッツの香りと濃厚な甘さ、
そしてモチモチとした食感はなかなか衝撃的!(笑)
ココナッツ好きな方なら、一度食べたら
どっぷりハマってしまう魅惑的なお菓子だと思います。
意外だったのは、年配の方にも好評だということ。
沖縄のムーチーあっての反応なのかもしれません。


手で気軽につまめるように切り込みを入れていますが、
あえてフォークでケーキっぽく食べるのが私のおすすめです。

ココナッツモチ_e0287190_23444274.jpg


なにせムーチーを食べるとき、
あっちもこっちもベタベタベタベタ〜して
集中して食べられないあの感じがストレス!
だからこそモチといえども、
優雅にのんびり、そして頬張って食感を楽しみたいのです。

そんなお菓子オタクなこだわり、
きっと誰にも賛同してもらえないんだろうなぁ…。(笑)
# by kinostore | 2013-03-27 23:52 | 商品紹介

今週のストアー

今週のメニューです。

ーーーーーーーーーーーーーーー
レモンケーキ
キャロットケーキ
・アップルマフィン
・ブルーベリーマフィン
チーズケーキブラウニー
ビクトリアサンドイッチケーキ
レーズンサンド
・ココナッツモチ
コーンブレッド
・ミルクティーのスコーン
シナモンロールビスケット
・ストアードーナッツ 2種
   :キャラメルオールドファッション
   :シナモンシュガー
グラノーラ
ーーーーーーーーーーーーーーー
※メニューは変更する場合がございます。ご了承ください。




熊本県から新しいレモン「メイヤーレモン」が届きました。
今週のストアー_e0287190_151164.jpg

これはミントジュレップ用。
レモンケーキ用のものと比べると
よりフルーツっぽい感じ。
漬けてシロップにするのが今から楽しみ♪


シロップといえば、
先日もお伝えした通り「タンカン」が終了となります。
これが最後のシロップ仕込み。
終わり次第終了となります。
今までありがとうございました。
また来年!
今週のストアー_e0287190_15572122.jpg





○お菓子の詰め合わせ○
引き続き賜っております。
店頭で、お電話でお申し付けください。
詳細はこちらから
# by kinostore | 2013-03-20 16:29 | 日誌

今週のストアー

今週のメニューです。

ーーーーーーーーーーーーーーー
レモンケーキ
キャロットケーキ
・アップルマフィン
・ブルーベリーマフィン
チーズケーキブラウニー
ビクトリアサンドイッチケーキ
レーズンサンド
・ココナッツモチ
コーンブレッド
・バナナのスコーン
・ストアードーナッツ 2種
   :キャラメルオールドファッション
   :シナモンシュガー
・クロッカン
グラノーラ
ーーーーーーーーーーーーーーー
※メニューは変更する場合がございます。ご了承ください。




日々暖かくなっていく今日この頃。
時には「夏?」と思えてしまうほどの日もあったり。
着るものと同様に食材も「衣替え」のシーズンとなりました。
今までみなさまに楽しんでいただいていた

”アップルマフィン”のりんご
”たんかんアイスティー”のたんかん

が、間もなく終了となります。

マフィンは代わりに”ブルーベリー”が定番として仲間入り。
アイスティーは…次の食材を私たちも待っているところ!
慌てず無理せず、キラっと光る食材を見つけたいと思っています。

とりあえず、今週いっぱいはどちらもご用意しておりますので、
ぜひぜひお楽しみになってください!


久しぶりの県内旅行記もアップしていますので、
こちらもあわせてどうぞ→『津堅島へ』




今週のストアー_e0287190_1451758.jpg

ほーほー
旅立つ準備は僕らもできてるよ。
ほーほー

ハトじゃなくて、フクロウね。
# by kinostore | 2013-03-13 15:01 | 日誌

津堅島へ

よいお天気続きの日曜日。
かんたんなサンドイッチを作ってドライブ。

津堅島へ_e0287190_1122246.jpg




にんじんの収穫最盛期の津堅島へ行ってきました。

前回訪れたのは、
まだ子どもが生まれていないときだったので
かれこれ6年ぶりくらいになります。


出発地点は、勝連半島の最先端にある平敷屋漁港。
ここからフェリーで約30分の小さな旅です。

津堅島へ_e0287190_10542271.jpg


こどもたちにとっては、初めての船。
デッキに出て大はしゃぎでした。

津堅島へ_e0287190_11223956.jpg


船体も大きなフェリーでわずか30分。
お天気がよくて波も高くなければ
船酔いの心配もほとんどないかと思うので、
乗船体験のつもりで往復するだけでも楽しいかもしれませんね!
(ちなみに6歳未満は無料だそうです)


娘の靴下がフェリーの座席模様にカモフラージュっていう…笑)
津堅島へ_e0287190_12112553.jpg





津堅島は別名キャロットアイランドと呼ばれるほど
にんじんの栽培が盛んな島。
収穫時期は2月くらいから春先まで。
潮風が運ぶミネラル分が豊富に含まれた土壌ゆえ
甘く立派なにんじんが育つのだそうです。

津堅島へ_e0287190_11272481.jpg


見渡す限りのにんじん畑。
防風林の向こう側はすぐ海!
この場所に立っていても波の音が聞こえるくらい。


きのストアーのキャロットケーキも
今はこの津堅島のにんじんを使っていますが、
ブランド力の高い津堅にんじんは
そのほとんどが県外へ出荷されるため、
県内でも限られた場所でしか購入できないのが現状です。
もっと県内のスーパーなんかでも
気軽に買えるようになるとうれしいんだけれど、
生産者の皆さんの生活を考えると難しいのかな…。



島自体はぐるっと一周しても7kmくらいで、
大人ならばのんびり散策しながら歩いたり
貸し自転車でサイクリングも楽しめますが、
ちびっこ2人連れではさすがにどっちも無理。
港から歩いて行ける小さな浜で
のんびりとサンドイッチを食べて帰りました。



島内にはにんじんのカタチをした展望台のほかに
フェリーの待合所やマンホールまで
にんじんがモチーフになったものがいっぱいなので
探しながら歩くのも楽しいですよー。

津堅島へ_e0287190_123447.jpg



帰りにはもちろんにんじんを買って帰りました!
大きな袋にどっさり入って500円!

津堅島へ_e0287190_128579.jpg


今週もピチピチ津堅にんじんたっぷりの
キャロットケーキを焼いてお待ちしております。



津堅島へ_e0287190_1285047.jpg

# by kinostore | 2013-03-13 12:13 | 日誌

ワインとコーヒーのおはなし

こんにちは、レモンくんです。

今回は僕の大好きなワインとコーヒーのおはなし。
きのストアーでワインを売り始めるわけではないので、あしからず。


先日、久しぶりにボトルのワインを飲みました。
ワインとコーヒーのおはなし_e0287190_15281829.jpg

イタリアの”キャンティ”という赤ワイン。
宜野湾のカルディコーヒーファームで¥500で購入しました。
おいしかった〜♪
渋くなく、酸っぱくなく、いわゆる飲みやすいタイプ。
スパゲッティといっしょだったのですが、
「あっ!もう半分飲んじゃった!」
そんな素敵なワインでした。


「久しぶりのボトルワイン」というのも
普段はこんなのを飲んでいるから。
ワインとコーヒーのおはなし_e0287190_15282229.jpg

でたっ!5リットル!!

ワインとコーヒーのおはなし_e0287190_1528267.jpg

赤いボタンを押すとぴゅぴゅーっとワインが溢れ出す。
そんな夢みたいな箱ワイン。
しかも、飲んでも飲んでもぜんぜん減った気がしない!
もちろん、味もフレッシュで僕好みなので、
よく氷をいれて飲んでます。


当たり前のことかもしれませんが、
僕が好きなのはこんな「飲んでおいしいワイン」なんです。





僕はかつてレストランのウェイターを長くしていました。
そのときは、
お客さんにワインを勧めなければいけない立場でしたので
たくさんのワインを飲みましたし、
たくさんのワインの情報も仕入れていました。
もちろん、その時期があったから
僕はワインを好きになることができたのですが、
今思えば「飲んでおいしいワイン」ではないものを
お客さんに勧めていた気がするんです。


「××というワイナリーが
○○という畑でできたぶどうだけでつくったワインです。
しかも、ビンテージが△△年!文句なしですよ!」


たぶん、その頃の僕はワインの味わいを
味そのものと情報の半分半分で決めていたと思います。
でも、お客さんにしてみればいちばん聞きたいのは
「で、おいしいの?」
であるはずなのに。





前にも言いましたが
きのストアーのコーヒー豆は
「ヨシモトコーヒー」さんからいただいています。
店内の隣室にはコーヒー豆を焙煎する大きな機械があります。
前掛けをした方がその機械をごとごと動かしていて、
いつもコーヒーのいい香りが漂うお店です。
「忙しいですか」「そうですねぇ」なんてお話ししながら
ちょっとずつコーヒー豆をわけてもらっています。

そんな素敵なコーヒー豆。
僕はあとドリップするだけです。
お湯を湧かして、コーヒー豆を計って、轢いて。
ちょっとだけ時間をかけてお湯をぽたりぽたりと落としていく。
コーヒーに関して
何の技術も情報も持っていない僕にできるのは
ただ、その作業をていねいにするだけ。


そのコーヒーを、僕は毎日
「あぁ、おいしい」と言って飲んでいます。
そして、
お客さんに少しでも「あぁ、おいしい」と思っていたければ
それ以上の幸せはないと思っています。
ワインとコーヒーのおはなし_e0287190_1528371.jpg

       きのストアー ドリップコーヒー ¥280
# by kinostore | 2013-03-11 15:48 | 日誌