ブログトップ

今日のストアー

kinostore.exblog.jp

営業日のお知らせ


春休みをいただいておりましたが、
今週より営業を再開いたします。

営業再開日は、6日(木)〜です。

どうぞよろしくお願いします。


きのストアー












[PR]
# by kinostore | 2017-04-04 06:30 | お知らせ

ハンバーガーのこと



カリフォルニアのハンバーガーといえば、
まずは『In-N-Out Burger』なんじゃないかなぁと思います。

e0287190_16335251.jpg


一見よくあるファストフードチェーン店ですが、
味はかなり真面目で本格的なんです。

バーガーの種類は3つしかなくて、
ハンバーガー・チーズバーガー・
ダブルダブル(パテとチーズが2枚)のみ。
それに、ポテトとドリンクという
とってもシンプルな品揃え。

しかも、冷凍ものを一切使わず、
オーダーしてから調理するという徹底ぶり。

長年このスタイルで提供している老舗ならではの
カチッと決まったビジュアルに
私はいつもウハウハとなります。(笑)


e0287190_16340194.jpg


種類は3つしかないけれど、
カスタマイズが豊富なのもまた魅力で、
我が家は玉ねぎを抜くとかグリルするとかその程度ですが
トマトやレタスを増やせたり(しかも追加料金なし)、
パテの焼き具合はもちろん、
バンズの焼き具合までリクエストできるそうです。


ポテトももちろん生のジャガイモから。
塩味もほとんど付いていないから
ほぼ素揚げに近い味わいで美味しいんです。



e0287190_16340498.jpg

塩とケチャップがもれなく置いてありますが、
ポテトももれなくカスタマイズができて、
特製ソースやチーズをかけてもらうことができます。



そしてそして、ここでも子どもにスティッカー。
またこれが教科書の挿絵みたいな
レトロなデザインでかわいいー。

e0287190_16340938.jpg

昨年はドライブスルーだったので
今回店内でゆっくり食べることができて
周りのお客さんのカスタマイズ具合をチラチラ見ながら(笑)
楽しいランチタイムでした。

In-n-outについては株式非公開だったり、
なぜ国外はおろか東海岸にさえも出店しないのか…
従業員満足度の高さなど
ビジネス面でも興味深い話がいっぱいだったので
興味がある方はぜひ検索してみてくださいね。
私も「へー!ほー!」と言いながら読みました。




そのほかにも、今回食べたハンバーガー。


今回の家に行く前に寄ったパーラー的なお店。

e0287190_17492810.jpg

こちらも老舗らしく、
手書きの壁画がかわいかった。

e0287190_17493160.jpg

外のサイン、JもMも抜けっちゃってるから
なかなか見つけられなかった…!(笑)

e0287190_18411130.jpg





続いて、『Pie 'n Burger

こちらも1963年創業の老舗。
昨年、フードトラックで出店していて
美味しくて感動したので、今年は店舗へ。



沖縄にもありそうな、いかにもダイナーな店内。

e0287190_17494527.jpg
e0287190_17494775.jpg

美味しかったけれど、
昨年青空の下で食べた時のほうが美味しく感じたのは
きっと頬張る環境だったのかなぁって思います。
おにぎりも、家のなかで食べるより
ピクニックで食べるほうが断然美味しいですものね!



ともあれ、
国民食ともいうべきハンバーガーな空間に身を置くと、
不思議と、見ず知らずの人でも
その頬張る背中に人生を感じます。
旅行者の私にとっては、
そんな背中を眺めながらのひとときもまた旅の楽しみなのです。




ごちそうさまでした!

e0287190_19012955.jpg


















[PR]
# by kinostore | 2017-03-27 12:10 |

L.A.スーパーマッケット巡り 2017



今回もスーパーマッケット巡りをしてきました。
昨年のL.A.スーパー巡りはこちらで。


“スーパーマーケット巡り”と言っても、
毎日家で自炊をしていたので
当たり前といえば当たり前なのですが…。



まずは、定番。

e0287190_22225165.jpg

もれなくカートに乗りたがる娘。
さすがに今回がサイズ的に最後なんじゃないかと…。笑

家に着いて、調味料類のストックをチェックして、
足りないものはまずトレジョで揃えるのが
いつしか定番になりました。
なにせミル付きの調味料が安くて、種類も豊富。
今回の家はびっくりするほど調味料が揃っていたので
ほぼ買い足しなしでした!素晴らしい!


店員さんもみんな親切で、
レジのたわいもないやり取りも毎回楽しみの一つ。
大概のスーパーはレジがベルトコンベアーになっていて
商品を置いて流すシステムですが、
トレジョはあえてのアナログで
カートごと店員さんに預けて直接計算してもらうシステム。
だから、娘もカートに乗ったまま店員さんの横付けに。

カートの商品を娘に見せながら
「これ好きなの?」「美味しいよね〜!」なんて
話しかけながらのお会計です。

e0287190_22234567.jpg

他のスーパーでもそうなんだけど、
日本だとお客さんが買った商品には敢えてふれないのが
暗黙の了解というかマナーみたいなところがあるけれど、
こちらでは「これ、自分も好き!」とか
「今日はケーキ焼くの?」とか、
買う商品を介して会話することがとても多い。
最初こそ戸惑ったけれど、慣れてくるとなんだか心地よく、
とてもあたたかな気持ちになります。
どんな場所でも、最後は人と人。
旅に出るといつも
“もっと人間臭くありたいな”と思います。


もれなく子どもたちにくれるステッカー。
今回は、St Patrick's DayとRose Paradeのでした。
いつもかわいい。

e0287190_23481870.jpg

今回の家からほぼ同距離でトレジョが3店舗。
なかでも、La Canada のトレジョはのんびりしていて
めずらしく車も停めやすかった。笑
カリフォルニアらしい外観も素敵でした。

e0287190_22224175.jpg




そして、こちらも恒例。
昨年利用したパサデナのホールフーズ。
「そうそう、ここここ!」の安心感。(笑)

前回も利用しましたが、2階がデリになっているので
買い物ついでに何度かここでランチを済ませました。

家族がそれぞれ好きなものを食べられるので、
ほぼファミレス的な感覚でとっても気楽なのも
お気に入りの理由です。

娘のスープとソーダクラッカー。

e0287190_22144469.jpg

私のテリヤキチキン。
さすがオーガニックスーパーなだけあって、
どれも味が濃くないし、ちゃんと美味しい。
チキンの下はブラウンライス(玄米)です。

e0287190_22154003.jpg




もう一店舗、スーパーのデリでお気に入りだったのが、
Sprout Farmers Market

e0287190_00050267.jpg

こちらもオーガニック商品を多く扱うスーパーで、
ホールフーズやトレジョと競合と言われているようですが
両店よりも価格は庶民的で買いやすい印象でした。
バルクに関しても、私が今まで見たスーパーのなかでは
一番種類が豊富でした!
外にいくつか席があって、オーダーサンドイッチでランチ。
美味しかったなぁ。

e0287190_00052142.jpg



そして、家から一番近く、
そして一番おもしろかったスーパーが
Super King Market

e0287190_00244393.jpg

外観こそ倉庫みたいですが、
なにせいつ行ってもすごく混んでいて、人種も様々。
アラブ系のスーパーらしく、
他のスーパーでは見かけないような
中近東やアジアの野菜や食品も多く売られていて
見ているだけでとっても楽しかったです!
しかも野菜も肉も魚も新鮮で安くてびっくり。


初めて食べた生のひよこ豆もここで買いました。

e0287190_00541448.jpg


枝豆のように、さっと茹でて剥いて食べます。
あの乾物のひよこ豆の面影がほんのり。
ホクホク甘みがあっておいしかったぁ。

e0287190_00545239.jpg


肉の量り売りも種類が豊富で、
滞在中ほぼ毎日利用しました。


e0287190_01021385.jpg






肉といえば、今回の旅で忘れてはならない想い出が…。

ロスの観光名所としても有名な
「グランドセントラルマーケット」を訪れたときのこと。
夫がビールを買ったついでに
せっかく来たのだから…と、目についた精肉店で
リブアイを買って帰ることに。

Belcampo」というお店。

e0287190_01053253.jpg

e0287190_02071679.jpg
リブアイはもう何度もスーパーで買っている部位だし
だいたいの相場もわかっていたので
ポンドいくらかを確認せずに1枚お願いしたら、
なんと56ドル!!

e0287190_08075989.jpg

もう包んでもらっちゃったし、
やっぱりいいです…とも言い出せず
この旅一番の超高級牛肉をご購入となりました…。

e0287190_01212273.jpg

確認してから買えばよかった…と肩を落とす夫に
息子が一言、
「ビール入れてもらえたんだし…まぁドンマイ!」って。
あとから調べたら、自社牧場で生育から精肉まで行う
すごいこだわりのある精肉店だそうで。
もちろんおいしかったけれど、
我が家はスーパーキングマーケットでじゅうぶん満足!
いろんな意味でいい想い出になりました。


ちなみにグランドセントラルマーケットは
映画『LA LA LAND』にも登場していましたが、
すぐ裏手にはAngels Flight Railwayも。
レトロなピンク色のゲートとケーブルカーがポツンと。
2013年に脱線トラブルがあって以来休止とのことで
いつかまた活躍する日がくるといいですね!

e0287190_01580684.jpg
いずれにせよ、ロスのダウンタウンは
田舎好きの私たちには肌に合わず!
そそくさと退散しました。





最後に、Target

e0287190_08224046.jpg
スーパーというより、ディスカウントストアーです。
同じようなカテゴリーにWalmartがありますが、
私はターゲットのほうが、
デザイン的にかわいいものがあるので好きです。
(とくにクリアランスの棚は必見!)
夫はおもちゃ(スターウォーズですね…笑)
割引率が高いという理由で
ウォルマートに一票だそうです。
食料品のほかに衣料品、家電、おもちゃ、文具などなど
生活に必要なものは大抵揃います。
我が家は、生鮮食料品こそ買いませんでしたが、
お菓子や水はここで買いました。
いわゆるアメリカっぽいお菓子は
オーガニック系のスーパーでは売っていないので、
それはそれで見るのが楽しい。

e0287190_08223757.jpg
恒例の限定フレーバー探し。
今回はオレオがPeeps Ver.でした。
Peepsとは、ひよこやウサギの形をしたマシュマロで、
イースター=ピープスなの!?っていうくらいに
大量に売られていました。
でもオレオで挟んじゃったら、
ただのピンク色のマシュマロサンドっていう…。
キスチョコはキャロットケーキ味!
m&m'sはバニラカップケーキ味。
これはターゲットコラボ商品でした。
色がかわいい。

e0287190_08223483.jpg
味はどれも歯が痛くなるくらい「甘っ!!」
わかっているんだけど、
毎回ついつい試してみたくなる3ブランドでした。



というわけで、
最後に夫がため息交じりに撮った
56ドルの肉の写真を載っけておきますね。



「はい、ビーフ!」


e0287190_10002240.jpg






















[PR]
# by kinostore | 2017-03-26 10:22 |

ビールのこと (LA2回目)

こんにちは、レモン君です。
今回はロスで飲んだビールのおはなし。



「さぁクラフトビールをたくさん飲みますよ!」
というわけで、今回の旅に同行させたのはこの陶器のグラウラー。
e0287190_15003430.jpg

グラウラーは、
クラフトビールをお持ち帰りする専用ボトルみたいなもの。
前回は、割れてしまうことを恐れて
他のステンレスのボトルにしたのですが、
これだとほとんどのbreweryでビールを入れてもらえなかった…。
なので、今回はいちばんのお気に入りの陶器ボトルにして、
リベンジの意味を込めたビール旅が始まりました。






まず最初に訪れたのは
Grand Central MarketにあるGolden Road Brewing
こちらは今回初めて行きました。
市場の中だけあって、まだ明るいうちからこの賑わい!
e0287190_19315933.jpg


早速myグラウラーをお店のお姉さんに渡して
IPAを入れてもらおうと思ってメニューを見てびっくり!
IPAだけで5~6種類くらいあったんです。
e0287190_22302744.jpg

お姉さんがひとつひとつ丁寧に説明してくれたんだけど、
僕には何やらちんぷんかんぷん。
で、結局僕が言えたのは
「I wanna just IPA!」笑
したら、お姉さんも笑って「OK!」って。

e0287190_22303457.jpg
入れてくれましたよ!myグラウラーに!
それだけで嬉しかった!笑


注いでくれているのを間近で見てて気づいたんだけど、
グラウラーにfill upするのって、わりと大変なんですね。
泡を流さなくてはいけないから。
満タンにするのに、グラス1杯分くらいは
捨ててるんじゃないかしら。
そう考えると、グラウラーサービスは
breweryのように自社製造のビールじゃないと
割に合わないんだろうなって思いました。


e0287190_22304455.jpg
Golden Road BrewingのIPA。
美味しかったな〜♪
お店のお姉さんも優しかったし。
次に訪れる時は別のIPAを試してみなきゃ!





そして、次に訪れたのがPasadenaにあるSTONE brewing
有名なbreweryですが、
ここは前回入れてもらえなかったお店のひとつ...。
その悔しさを思い出しながら
「今度こそ!」と、気合を入れて店内へ。
e0287190_22282277.jpg

店のお兄さんに
「このグラウラー使えるかな?」と、尋ねると
「もちろん。で、どのビールがいいの?」と、あっさり。
やった!そうこなくちゃ!
そして、お兄さんは僕のオーダーしたIPAを
ゆっくり丁寧にグラウラーに注いでくれたのでした。


e0287190_22382815.jpg



お兄さんにチップを渡すとき、
僕のなかで昨年のことが走馬灯のように思い出されて、
思わずお兄さんと固く握手してしまいました。
お兄さんにしてみれば「なんで握手?」と思ったかもしれませんが
僕にしてみたら、チップよりその握手のほうに
感謝の思いが詰まっていたのでした。



e0287190_22481476.jpg
見て!この嬉しそうな顔!これが本当の感無量。笑
2年越しにしてようやく入れてもらえたSTONEのIPA。
美味しかったなぁ。
決して忘れられない味となりました。







グラウラーでクラフトビールを買って帰る。
これって、実は沖縄にぴったりなサービスだよなって
僕は常々思ってます。
だって

・県民みんなビールが大好き! 
 →たまにはオリオン以外でも♪
・車移動が基本。外で飲んだら帰れない! 
 →だったら買って家飲みしたらいいさ♪
・ビーチパーティーや模合など、
 みんなで集まって飲む機会が多い!
 →クーラーボックスからグラウラーが出てきたら
  テンションめっさ上がるわー♪

ほらね。

"那覇IPA"、"読谷IPA"、"国頭IPA"
なんていろんな地域の県産IPAで盛り上がる。
そんな日も遠くないんじゃないかなって期待しています。
で、その時のグラウラーは、もちろん陶器のグラウラー。
でも、せっかく沖縄なんだから
ここは"やちむん"のグラウラーでぜひ!





























[PR]
# by kinostore | 2017-03-25 15:57 |

Egg Decorating


今回の旅でびっくりしたことの一つは、
どこもかしこも“イースター”一色だったこと。

イースターとはキリストの復活祭のことで、
キリスト教徒の方々にとっては
一年の中でもとても大きなイベントの一つとのこと。
日にちは“春分の日のあと最初の満月後の日曜日”で、
年によっては最大で一ヶ月も違ってくるそうです。


当日は家族が集まって食事をしたり
(メインディッシュはハムが定番なのだとか。)、
子どもたちにとっては、
生命の象徴を意味する卵を探し当てるエッグハントや
多産で知られるうさぎをモチーフにした
チョコレートをプレゼントしたりと、
春の訪れを楽しむ意味もあるようです。


今年は、帰国後の日にちだったこともあって、
せっかくの機会だから何か体験できるものをと思い、
卵を染めるデコレーティングキットを
お土産に買ってきました。
この「PAAS」がとてもポピュラーなようです。

e0287190_22404106.jpg

写真のようなクラシックなものから、
グリッターやキャラクターものまで。
どれも1〜3ドルくらいだったかな。
なかには卵を染めるためのタブレットや
デコレーション用のシール、
卵を引き上げるための針金などが入っています。


そして、今年は4月16日(日)がイースターで、
ちょうど友人たちと半期に一度恒例の
フリーマーケットを開催する日だったので
子どもたちと一緒に楽しむことにしました。


まずは色のタブレットをカップに一個ずつ入れて、
お酢を大さじ1入れてから、水を注いで色水作り。
そういえば、このキットと同じ販売コーナーに
もれなくハインツのビネガーが置いてあって、
その時は「?」でいっぱいでしたが、
今回ようやく意味が分かりました。(笑)


e0287190_22524669.jpg

小・中学生女子一同は「わぁ〜きれい〜♪」と、
この時点で大盛り上がり。
おばちゃん「買ってきてよかったぁー!」って
思いましたよ!(笑)


その後は、家で茹でてきた卵を一個ずつ入れて
30秒ほどしたら引き上げて乾かします。

そんなかんたんに色がつくの!?と思ったけれど、
本当にあっという間にきれいに色がつきました。
手前の卵のように、
あらかじめロウソクで模様を描いておくと、
その部分が染まらずに残ります。


e0287190_23080769.jpg


使っている色素も食用で認められているもので、
卵にヒビさえ入っていなければ、
なかに色移りすることもなく。
一方で、自然食品スーパーのホールフーズでは、
ビーツやベリーなどの野菜や果物から
色素を抽出して卵を染めるための
ワークショップもあるようで、
卵の染めかたが掲載されています。

にしても!
そこまでしてもやっぱりイースターには
卵を染めるものなんだ…!
という、時代は変わっても
伝統的な風習を重んじる姿勢を尊敬すると同時に、
私ももっとひな祭りや鯉のぼりの意味を理解して
きちんと祝って楽しまないと!と反省しました。
「異国を知ることは、自国を知ること。」
旅に出て、いつも痛感させられることの一つです。



卵はその後、各自持ち帰って
夕飯の食卓に並んだとのこと♪
我が家も久しぶりにゆで卵をモグモグ食べたけれど、
改めて食べたらなんだかとても美味しかった。(笑)



e0287190_07451435.jpg


いい想い出になりました!


e0287190_23470092.jpg















[PR]
# by kinostore | 2017-03-24 10:00 |