ブログトップ

今日のストアー

kinostore.exblog.jp

カテゴリ:旅( 90 )

LEGOLAND California Resort


もう長い間放置しっぱなしだった、
昨春のロサンゼルス旅日記。
行った本人でさえも記憶が薄れ始めてきたので(笑)
ディズニーランドと、もう一つの目的だった
レゴランドについて今更ながら書き留めておきます。
(ディズニーリゾートの旅日記は「前編」「後編」にて)

今春、日本にもオープンするので
わざわざカリフォルニアまで行かれる方も
いらっしゃらないかとは思いますが…


LEGOLAND California Resort」は、
ロサンゼルスから車で2時間弱南下した
Carlsbad(カールスバッド)という街にあります。
ここからさらに30分ほど南下すれば、なんとサンディエゴ。
道中は岩肌と草原、そして海岸線しかなく、
想像していたよりかなり寂しいオーシャンラインでした。

カールスバッドに着いてからも、
「え?本当にここにレゴランドがあるの?」
というくらいに何もないところで、
今を持って「なぜここだったんだ?」感が拭いきれず…。
日本にレゴランドができると聞いたときに
その場所が東京でも大阪でもなく名古屋だったとき、
もしやこれがレゴランドならではのセンスなのかも!と。
(名古屋の皆さま…楽しみにしています)

というわけで、「レゴランドこっち」表示を辿り、
無事パーキングに着いたのですが、
案内してくれるスタッフの英語が!
かなりのスペイン語訛りで聞き取れない!
確かに、サンディエゴを下るとすぐにメキシコとの国境で、
「な、なるほど!こうなるのか!」と感動しました。



というわけで、無事到着!

e0287190_17380610.jpg
旅行に来ても我が家は家族写真って滅多に撮らないのですが、
通りすがりのファミリーに「写真お願いしていい?」と言われて
撮ってあげたら、
「じゃ、次はあなたたちね!」と言われるがままに…笑
この旅唯一の家族写真!いい記念になりました!

ディズニーランド同様、チケットは家族違うデザイン。

e0287190_17395091.jpg



アトラクションは、ぜひHPで!
今春名古屋にできるレゴランドのアトラクションも
いくつか同じものがありそうです。
ディズニーよりも低年齢層に配慮したものも多くて、
小学生くらいがいちばん楽しめるかなぁ。
私のなかでは、浅草の「花やしき」的なにおい!
並ぶ時間も短いし、我が家の子どもたちは
ディズニーより断然レゴランドが楽しめたようです。

アトラクション以外で楽しかったのが、こちら。

e0287190_17401642.jpg

自分のミニフィグを持っていくと、
園内のミニフィグと何度でも交換できるんです!
写真のようにトレードする場所で交換してもいいし、
スタッフのネームタグについているフィグも
「交換してください〜」といえば喜んで交換してくれます。

我が家も事前に調べて、自宅から持って行きました。
そして最終的にこれになりました。
想い出になるすてきなシステムですよね♪

e0287190_17523389.jpg


そのほか、レゴブロックの歴史ブースや、量り売りも。

e0287190_17414909.jpg

こちらの名物スナック、グラニーズアップルフライ。
グラニースミス(りんごの品種→紅玉に似て酸味がある)を揚げて
シナモンシュガーを振ったものに生クリームをつけて食べる。
あっつあつで美味しかった!

e0287190_17423916.jpg


ミニランドもあります。
男子2人はスターウォーズブースに大興奮でした。

e0287190_17420989.jpg


もちろんショップもでっかいのがあります。

e0287190_21461364.jpg
むしろこっちがメインなんじゃないか…?と思うほどでしたが、
思ったよりも「おぉー!」というものがなく
大きな買い物はしませんでした。
(というより、レゴランドの入園料自体が高級!)

せっかくここまで来たので、
この日はレゴランドホテルに一泊しました。


続く!


e0287190_21462741.jpg









[PR]
by kinostore | 2017-03-05 21:56 |

ディズニーリゾート:後編


ロサンゼルス旅の続きです。

今回は、ディズニーリゾート後編です。(前編はこちら



宿泊先のロサンゼルス市内の家から
ディズニーリゾートのあるアナハイムまでは車で40分ほど。
といっても、ハイウェイを時速100kmくらいで走って、
しかも渋滞がない場合。
実際はジャンクションごとにもれなく渋滞…
約1時間くらいは見ておいたほうがいいかなと思います。

そんな前情報に加えて、
ディズニーランドの夜のパレードを観た後に
市内まで慣れない夜道を運転して帰る気力と体力、
そして技術力があるかといえば、即答で「NO!」。(笑)

というわけで、近くのホテルで一泊することに。
数あるホテルから選んだのは、「Hyatt Place at Anaheim

e0287190_14163478.jpg

なんとなく選んだホテルでしたが、結果とてもよかったです!
比較的新しいホテルなので、ハード面では申し分なし。
価格帯ゆえ過剰なサービスもアメニティもないですが、
スタッフの方も皆親切で、静かでぐっすり寝ることができました。
しかもありがたいのは、もれなく朝食付きだったこと。
ロビー横でさっと食べることができて、
気持ちよく出発できました。


e0287190_14333241.jpg



というわけで、先にチェックアウトを済ませて、
車はそのままホテルのパーキングに置いて、歩いてディズニーへ。
子どもたちとトボトボ歩きながら15分くらいだったかな。
今回は、ディズニーランドのすぐ向かいにある
ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー」へ。


e0287190_14441313.jpg

こちらは、ランドに比べて広々としていて、
とっても気持ちがよかったです。


アドベンチャーに来たら、やっぱりまずはここへ!

「カーズランド」

e0287190_14515608.jpg

最初にメインアトラクションの
「ラジエーター・スプリングス・レーサー」のファストパスを。
朝8時台に取ってもすでに13時台という人気ぶり。
とりあえず入り口まで下見に行ってみると
思ったより並んでいなかったので、
じゃあとりあえず一回乗っちゃおう!ということで
30分くらい並んで乗りました。
…いやはや楽しかった…!!

じゃあ、2回目は午後に…と一旦カーズランドを後にしました。
がしかし!のちにこれが思わぬ展開に!(笑)



その後、ぷらぷらと歩いていたら、
いつの間にか目の前にミッキーが!


e0287190_15265665.jpg

え?こんな普通にミッキーが目の前にいていいの!?…と
拍子抜けするくらい、間近で本格的なショーが観られるのも
アドベンチャーならではなのかもしれません。
しかも、このミッキーはじつは貴重な(?)ミッキーらしく、
目や口が動いて、しゃべるということで、
Talking Head Mickey " と言うそうです…。
(なんか呼び方がリアル…(笑)
青空の下、とてもすてきなひとときでした!



その後、緑が豊かな場所でのんびりランチ。


e0287190_15413672.jpg



「Paradise Garden Grill」という地中海料理のお店です。


左が串焼きチキンのプレート。右がギリシャ風サラダ。
どちらも美味しかったー!
まさかテーマパークでこんなに生野菜モリモリのサラダを
食べることができると思っていなかったので、嬉しかった!

e0287190_15425936.jpg


キッズミールは、美味しいとか美味しくないとか度外視して、
個人的にとても興味深いものでした。

Smucker'sのピーナッツバター&グレープジェリーサンドイッチ、
スライスアップル、生のベビーキャロット、
そしてネスクイックのチョコレートミルク。

e0287190_16121094.jpg

おそらくこれがこちらではポピュラーな
キッズミールなんだろうなぁと思います。
日本のキッズはぜひ一度、
アメリカンなお子様ランチにトライしてみてください。(笑)
私はある意味感動しました。



目の前では生バンドの演奏。
贅沢です。


e0287190_15422834.jpg





ランチの後は、我が家が今回のアドベンチャーで
一番楽しみにしていたアトラクションへ!


人気のアトラクションなので、ファストパス必須です。

e0287190_15431264.jpg



「Soarin' Over California」(ソアリン・オーバー・カリフォルニア)

e0287190_16121382.jpg

Soarin'とは、“舞い上がる”という意味だそうで
その名の通り、カリフォルニアの空を
飛んでいるような気分になれるアトラクションです。
行く前からとっても楽しみにしていたのですが、
想像以上に飛行感があって感動しましたー!!
アドベンチャーに行く機会があればぜひぜひおすすめです!

…と伝えようと思ったのですが、
なんと3年後くらいに
東京ディズニーシーにもできる計画があるそうです!
東京の上空をソアリンで堪能できる日が今から楽しみです♪



そして、2度目のカーズ!
…と思ったら、なんとシステムトラブルで休止とのこと…。
アトラクション前でうなだれる家族がいっぱい。
我が家も次はもう少しゆっくり堪能しようと思っていたのに残念。
と同時に、朝乗っておいてよかったぁ!と。
そんなこともあるので、ファストパス頼りも考えものだなぁと。
なかなか来ることができないだけに、
どうしても!と思っていたアトラクションは
並んででも先に乗ったほうがいいかもしれません。



この日はロス市内まで帰らないといけないので、
最後に「Ghirardelli」でサンデーを食べて
明るいうちに夢の国を後にしました。





人生、そんなに甘くない。
40年生きてやっぱりそう思います。
でも、だからこそ甘いものはとことん甘く。

きのストアーを始めたときに一番最初に掲げたコピー然り。

「甘いものがない人生なんて。」

改めてそう思います。


e0287190_16121536.jpg












[PR]
by kinostore | 2016-05-23 17:38 |

ビールのお話 in LA (後編)

こんにちは、レモン君です。
「ビールのお話 in LA(前編)」の続きです。

e0287190_22150732.jpg
まず最初に向かったのは
お兄さんリストのいちばん下。
その日、ちょうどPasadenaに行く予定があったので
ついでに"STONE"に寄ってみることにしました。


e0287190_22340373.jpg
(1階が店舗。見つけにくかった〜)

「よし!」と気合いを入れて店内へ。
日中だったにも関わらず、なかはお客さんでいっぱいでした。
カウンターにいたお店のお姉さんに
「えーと、グラウラーでビールをテイクアウトすることできます?」
と尋ねると
「もちろん。ちょっとあなたのグラウラー貸してみて」
と言ってくれたので
小躍りしながら僕のステンレスボトルをお姉さんに渡しました。
すると…

「あー、このタイプはダメなの。
 フタがね、こうやってパチンって閉められるタイプじゃないと
 ダメなのよー。ごめんなさいね」

それ以外にも
ダメな理由をお姉さんは明確に伝えてくれようとしてましたが、
僕の頭の中は他のことでいっぱいで、
何も耳に入ってきませんでした。
それは…

e0287190_22145902.jpg
「左のグラウラーにしておけば買えたのに!!!」(笑)





悔やんでばかりもいられないので
IPAのボトルを1本買って、そそくさと帰ってきたのでした。
e0287190_22111212.jpg
(Stone Company Store IPA $4.55)


でも、美味しかったな〜。
やっぱり、スーパーで買う瓶ビールとは全く違う!

「よーし、次こそ生ビール入れてもらうぞ!」」

と、鼻息だけはますます荒ぶるのでした。






そして、次の日に行ったのは
リストいちばん上の"Highland Park Brewery"。
e0287190_21353601.jpg
このときは夕暮れ時だったので
店内は完全に「大人のバー」な雰囲気。
「よし!」と、再度気合いを入れて店内へ。

カウンターのお姉さんに
「あのー、グラウラーでテイクアウトできます?」
「全然OKよ。グラウラー貸して」
よーし、ファーストステップクリアー!
お姉さんは丁寧に僕のステンレスグラウラーを洗い出しました。
「よし!これは絶対入れてくれるパターン!」
そして、お姉さんが
クラフトビールのタップに手をかけたそのとき!!

「ん?」

お姉さんの顔が一瞬くもりました。そして僕に
「これ…何オンスのボトルなの?」
「えっ!? たぶん40ozだと思うけど…」
「あー、ごめんなさい。ウチは32ozか64ozの販売なんだけど
 それぞれぴったりのサイズのグラウラーじゃないと
 売ってあげられないのよー。ビールのガス圧の関係でね…」


はい、きました!2回目!


e0287190_22145902.jpg
「左のグラウラーにしておけば買えたのに!!!」





しかし、そのとき
打ちひしがれている僕を見て、お姉さんが
「5ドル追加料金がかかっちゃうけど、
 ウチのグラウラーに入れてあげようか…?」と、助け舟。

払います!払います!$5くらい払いますよ!!
お姉さん最高ー!!ありがとー(泣)


というわけで、
ロスのクラフトビールがようやく僕の手元に届きました!

e0287190_21354072.jpg
(IPA 32oz beer $15 + new growler $5)


言わずもがなだけど、美味しかったーーー♪♪


STONEのお姉さん。
Highland Park Breweryのお姉さん。
そして、Trader Joe'sのお兄さん。
みんなの顔や、みんなと交わした会話を
思い出しながら飲んだビール。
決して忘れることのできない味になりました。



ロス滞在の日程もここでタイムアップとなり、
もう1軒は行くことができませんでした。
次のお楽しみということで。
(トレジョのお兄さん、本当にありがとー!)







ロスへ発つ前日、
ロス在住経験のある友人に会って話を聞くことができました。
彼女は、ちょっと危ないところもあるから気をつけてね
と言ったあと、
 「でもね、躊躇や遠慮ばかりしてたらなにもできないから。
  思いっきりエンジョイしてきてね!」
と、笑顔で送り出してくれました。

まさにこの言葉通りになった今回のビール旅。

ブリュワリーが探しきれないからもういいかー。
このグラウラーじゃダメだって。ちぇっ。
店員さんがなに言ってるのかよくわからないしなぁ。
あーもうビールくらいスーパーのでいいよ!

心が折れかけたことも何度かありました。
その度に思い出したのは、彼女の言葉。
その気持ちがあったから
トレジョのお兄さんにメモをもらえて、
ハイランドパークのお姉さんの優しさに
触れることができたんだと思っています。


僕の目的なんて、たかがビール。たかがお酒。
でも、その「たかが」の目的から
いつもいろんなことを経験できて
いろんなことを学べてるなぁと僕は思ってます。



次も
「躊躇や遠慮ばかりしてたらなにもできないから」
を忘れずに、また美味しいお酒飲むぞーー!!
















[PR]
by kinostore | 2016-05-18 12:01 |

ディズニーリゾート:前編


ロサンゼルスまで行ったら、
やっぱりディズニーランドは行っとかないと!

というわけで、地味旅行好きの我が家も、
今回ばかりは派手に(?)行ってまいりました。(笑)


カリフォルニア・ディズニーランド・リゾート」には
2つのテーマパークがあります。
1つは「ディズニーランド・パーク
もう一つは「ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー」。
東京で言うところの「ランド」と「シー」ですね!

我が家は今回、それぞれのパークを1日ずつ訪れることに。
今回は「ディズニーランド・パーク」についてのお話です。

何はともあれ、現在、開園60周年を祝う
「ダイヤモンド・セレブレーション」まっただ中。
TDLより空いているという噂の本国ディズニーですが
とっても混んでました…!!



e0287190_11481405.jpg


それでも、さすが元祖ディズニー!
もれなく夢の国をどっぷり堪能させていただきました。


チケットがまたかわいいのです。
レセプションのお姉さんが、それぞれの名前を書きながら
息子にはミッキー、娘にはミニーのチケットに
なるようにしてくれて、
名前の「 i 」の「・」をミッキーのカタチに書いてくれたりと
それはそれは芸が細かい!
いちいち「おぉ〜!」と感動する我が家でした。(笑)

e0287190_11502678.jpg



パーク全体の位置関係は、東京とほぼ同じという印象でした。
ただ、びっくりしたのは、なんだか狭いかも!と感じたこと。
東京でいつもドデーンとセンターに構えているシンデレラ城も、
すごくこじんまりしていて、
「え!これが?」ってなりました。(笑)


e0287190_12081317.jpg




とはいえ!TDLにはない魅力もいっぱいなのです。
とくに今回、我が家はこれに尽きました。


「Star Wars Season of the Force」
米ディズニーで開催されているスターウォーズイベントで、
トゥモーローランドはスターウォーズ一色でした。

e0287190_14351266.jpg

とりあえず、スターツアーズのファストパスを取って…。
…と、夫がすでにここで「おぉー!」となっていまして…
私にはよくわかりませんが、
「発券機がゴンクだよ!ゴンク!!」と興奮してました。(苦笑)


e0287190_14563853.jpg

その間に、

スターウォーズ資料館的施設「ローンチ・ベイ」と、

e0287190_15034375.jpg


スターウォーズグッズを扱う「スタートレーダー」へ。
なんとここでは、「ドロイド・ファクトリー」で
オリジナルのドロイドを作ることができるんです。


e0287190_15041512.jpg

頭や胴体・手足などの様々なパーツを組み合わせて
ブリスターパックに入れて完成!
レジで名前用のアルファベットシールをもらえるので、
好きな名前をつけることができます。

e0287190_15323908.jpg


ふたりともかなり夢中になって組み立てて、
息子はミッキーの耳にするかかなり悩んで
(かっこよさをとるか、想い出をとるかで(笑))
結局ディズニーならではのパーツを選んだようです。
いいお土産になりました!


e0287190_15325400.jpg


その後、スターツアーズ→スペースマウンテンへ。
こちらも、現在スターウォーズ仕様の
「ハイパースペースマウンテン」。

e0287190_19292657.jpg

娘は「絶対無理!」とのことで、男子2人で。
息子はTDLでも乗ったことがないので初スペースマウンテンでしたが
かなり興奮したようです。
私も乗りたかったなぁ…(泣)

その間、私は娘とファンタジーランドへ。


e0287190_19221711.jpg


家族別行動になっても、
ソフトバンクの「アメリカ放題」のおかげで
SprintでiPhoneが使えるので本当にラク!
さらにDisneyland公式のアプリを入れておけば
待ち時間もすぐに確認できておすすめです♪



ランチは、「Galactic Grill」で。

e0287190_16523167.jpg


これまたスターウォーズメニュー一色で、
しかも時間によっては「Jedi Training」のショーを観ながら
食事ができるので、いわば“スターウォーズカフェ”です!


ネーミングも楽しくて、
“Han Burger” とか“Cheese-3PO Burger” 、
“Wicket's Wicked Veggie Sandwich” などなど。

そして、思っていたよりおいしかった!
今回、夕飯もパーク内で食べましたが、
どこもおいしくて逆にびっくり!(笑)

e0287190_16575109.jpg



その後も、パレードを見たり、

e0287190_17225777.jpg



プレッツェル食べたり、


e0287190_17242379.jpg


夜のショー「Disneyland Forever」も素敵でした!
TDLなら閉園時間ギリギリまで…なんて
欲張ってしまうところですが…
こちらの閉園時間は、なんと夜中の12時!

「あとは若いもんに任せて…」と、
這いつくばるようにランドを後にしました。(笑)


この日は近くのホテルで一泊。
続きはまた次回!



e0287190_17262479.jpg











[PR]
by kinostore | 2016-05-17 17:36 |

ビールのお話 in LA (前編)

こんにちは、レモン君です。
今回は僕がロサンゼルスで体験した
ビールにまつわるちょっと面白い出来事について。




「ロスでもクラフトビールが飲めるかな?」
旅行前にふと思いついて事前調査してみたのですが
前回のポートランドほど"クラフトビール熱"は高くないことが判明。
(ポートランドの高いクラフトビール熱についてはこちらから)
「でも、まぁ一応」
ということで、グラウラーだけは持っていくことにしました。

グラウラーとはクラフトビールをテイクアウトするための
専用のボトルみたいなもの。
我が家には2種類のグラウラーがあって
e0287190_22145902.jpg
気分的には写真左の32ozの方にしたかったんだけど、
こっちは陶器でできているため、
割れてしまうのが心配だったので断念。
結局、写真右の40ozの手軽なステンレスボトルを
持っていくことにしました。





ロス到着後。
クラフトビールを醸造しているブリュワリーには
予想通り簡単にはたどり着くことができず
スーパーで買った安旨ビールを毎晩飲んでました。
e0287190_22571494.jpg
(Josephsbrau Lager 6pk $5.99 Trader Joe's)




そんなある日
いつものように立ち寄ったスーパーマーケットTrader Joe's。
会計をしているとき
レジのお兄さんに声をかけられました。
「いいティーシャツだね!」
そのとき着ていた僕のティーシャツがこれ↓
e0287190_22152080.jpg
「ありがとう。昨年の夏にポートランドで買ったんだ」
(ポートランドはオレゴン州にあります)
と、僕が言うと
「えっ!?僕もポートランド生まれなんだよ!」
ってお兄さんがうれしそうに。
それから、レジの後ろには他のお客さんが並んでいるにも関わらず
お兄さんとしばしポートランド話に花が咲き。
お兄さんが
「で、ポートランドで何したの?」と尋ねるので
「うーん、コーヒーとクラフトビールをたくさん飲んだよ」
と僕が答えると
「それ正解!コーヒーショップはどこ行った?」
「んー、スタンプタウンとかコアヴァとか」
「いいねー!ブリュワリーはどこに?」
「いや、さすがにブリュワリーの名前は忘れちゃったなぁ。
 でもどこもおいしかったよ」
「だよねー!!」

そんな会話してる途中でふと
(ってことは、このお兄さん、
 ロスのブリュワリーにも詳しいのでは…?)
と思った僕は

「ロスでおいしいブリュワリー知ってる?」と尋ねてみると
「もちろんだよ!」って
メモに丁寧に書いてくれました。
e0287190_22150732.jpg

お兄さんに
「Thank you very much for your kindness!!」
と言って、握手してお別れしました。
今、こうして綴っていても
思い出して微笑んでしまうほど
とっても素敵な出会いでした。






さて、こうして僕は
ロスでのクラフトビール探しについて
思わぬところから道標をもらうことができました。

「よ〜し!飲んでやるぜ〜!!」
と、意気込んだのもつかの間
そこにはまた試練が待ち受けているのでした…。



つづく










[PR]
by kinostore | 2016-05-09 22:45 |

スーパーマーケット巡り


すったもんだあった到着日の翌日、
空っぽの冷蔵庫を埋めるべく、まずは買い出し。


今回の車は、トヨタのRAV4。
前回、予算をケチってコンパクトカーにしたら、
スーツケースがトランクに入りきらず、
こどもたちの体勢がエラいことになってしまったので
今回はちゃんと大きい車を借りました。


e0287190_07183542.jpg



向かった先は、
家から15分くらいのPasadena(パサデナ)という街。
ここの街がとっても落ち着いていて、緑豊かで気持ちがいい!
滞在中、何度も足を運びました。



というわけで、まずは定番の
Whole Foods MarketTrader Joe's をはしご。




パサデナのトレジョがレトロでかわいくて。
しかも、なんだか初めてな気がしなかったのです。
(のちにその理由を知ることに。(笑)

e0287190_08163924.jpg


あれ?木に何か書いてある。
近づくと、


e0287190_08164665.jpg



なんと!まさかの1号店でした。

レジ横の出口にも、1号店サイン。
相変わらず、ユーモアあふれる楽しいお店です。

e0287190_08254463.jpg




今回の滞在中に行ったスーパーは、
そのほかに、ロサンゼルスの庶民派スーパー「Ralphs」と、
Safeway傘下の「Vons」。


ラルフスは、我が家的にはイマイチでした…。
なんというか、ハードもソフトも冷たい印象で、
結局何も買わずに出てきたという。
たまたまだったのかもしれませんね!


ボンズは、じつは聞いたことがなかったスーパーで。
日々の暮らしに欠かせない水やペーパー類、
ポピュラーなお菓子、調味料など基本的なものは
いつもSafewayでまとめて買っていたのですが、
ロサンゼルスにはなぜかない!そんなはずない!と調べていたら、
南カリフォルニアのSafewayはすべてVonsに売却されたそうで。
しかしながら、Safeway傘下は変わらずとのことで、
Safewayのメンバーズカードもちゃんと使えました!



e0287190_08495533.jpg



ホールフーズやトレジョでは絶対に売っていない
オレオの新商品を買うのが私の小さな楽しみの一つ。(笑)
今回は、シナモンロールオレオ。
シナモンクッキーがザクザクしていて、クリームが厚め!
おいしかったぁ。


e0287190_09330625.jpg



そして、高級スーパーと言われる「Gelson's」。
スーパーを巡っていつも思うのは、
それぞれのスーパーで客層がはっきりしていること。
ここもまた独特で、なんというか…興味深かった!


e0287190_08494070.jpg


デリコーナーが大賑わいで、
おもしろそうなものが色々あったので、買って帰りました。
日本のデパ地下のように、ショーケースのなかから選んで
量り売りしてくれます。

e0287190_09410975.jpg


家に帰って、夕飯に。
左がアーティチョークとフェンネル、プロシュットのサラダ。
右がオルゾ(パスタの一種)のギリシャ風サラダ。
これさえあれば、シンプルなサラダも
あっという間に豪華になります!(笑)



e0287190_09450716.jpg


自炊の話は、またの機会に。





帰国して、先日買い物に行こうと準備していたときのこと。
いつものようにクーラーバッグを用意していた夫が
「あれ?これってもしかして…」と。

e0287190_09590610.jpg

じつはこれ数年前のシアトルから愛用していて、
折り畳めるので今回の旅にも持参したのですが、
左下をよく見てみると…


e0287190_10094620.jpg



わぁ!行ったお店だ!
あの初めてじゃない感はこれだったのか!と、膝打ち。
灯台下暗しとはまさにこのこと。
感動しました。(笑)










[PR]
by kinostore | 2016-05-08 10:25 |

今回もAirbnbで。


ロサンゼルス旅日記、続きです。


宿泊は、今回もAirbnbにお世話になりました。

ロサンゼルスの空港から車で北に40分くらい。
しかし!それはあくまで
フリーウェイが渋滞していなければの話で…。
とにかくどこへ行っても必ずと言っていいほど渋滞にハマる!(笑)
シアトル・ポートランド・ロサンゼルスと南下してきて、
一番渋滞が酷かったのがロサンゼルスでした。
それだけ大都市ということなんでしょうね。



というわけで、こちらが今回の家です。


e0287190_07132898.jpg

小高い山の中腹にあって、
とてもすてきな家だったのですが…
なんと今回ちょっとしたトラブルが。

到着したのは、夜8時くらいでした。
事前に夜に到着することを伝えてあったので、
家のなかには明かりをつけてくれていました。
長時間のフライトと
慣れない夜の運転で一気に安堵感に満たされ、
さて家に入るぞ〜!と思ったら、


鍵が開かない!!


以前宿泊した家では
事前に鍵を開けてくれていて、家のなかに鍵が置いてある場合と、
事前に解錠ナンバーを教えてくれるナンバーロックキーでした。
事前に「夜の到着だけど大丈夫?」と伝えた際に、
「問題ないよ!」と聞いただけだったので
てっきり前者のパターンだと思っていたけれど、
実際はナンバーロックキーだったのです。
番号を聞いていないので、当然開かず。

でも大丈夫。そんなときのために、
すぐ近くにホストが住んでいる家を選んでいるし!
この家も同じ敷地内のすぐ裏に住んでいたので、
さっそくナンバーを聞きにいくことに。

しかし…なんと留守!!

じゃあ次は電話!…留守電。
じゃあ次はメール!…返事なし。


到着してすでに30分以上が過ぎて、しかも外は12℃。
車のエンジンをかけ続けるのも近所迷惑だろうし、
こどもたちは
「おなかが空いたー寒いーつかれたー」の連呼で、
もしやこれはヤバいことになったのか!?と
さすがの我が家も焦り始め…。


最終手段、Airbnbのカスタマーサービスに電話だ!


というわけで、
「鍵が開かない!入れない!ホストに電話もメールも通じない!」
とありったけの状況を伝えたところ、
これがまたとても丁寧な対応で、
「オッケー、色々心配かけてごめんね。
こっちからも今すぐホストに連絡してみるし、
もし万一連絡がつかない場合は
こっちで今夜のホテルを手配するから安心して。
すぐかけ直すよ!」(的な内容だったはず…(笑)


しばらくして、ホストとカスタマーサービスから
ほぼ同じタイミングで鍵のナンバーを伝える連絡が…。


というわけで、家に到着してから1時間…ようやく開きました!!

開いた瞬間、大袈裟ではなく、家族4人ビッグハグでした。(笑)


その後、結局ホストはこの日帰らなかったようで、
その後も一度も顔を合わすこともなく。
過去2回とてもフレンドリーなホストだったので、
そういうホストもいるんだなぁというのが今回の感想です。
ただ、家自体はとても快適で、
今回も暮らすように旅できたのも、この家あってこそ。


いろんな意味で、やっぱりAirbnbには感謝!
カスタマーセンターで対応してくれた担当の方もとても親切で、
その日のうちにまたメールをくれて、
「さっきは電話で早口でしゃべってしまってごめんね…
(たぶん何度も聞き返したから(笑)
今夜のことは本当にごめんなさい。
また何かあったらいつでも連絡を!」と。
ホストよりずっと真摯な対応で、心強かったです。

Thanks, Jake!




e0287190_08172516.jpg











[PR]
by kinostore | 2016-05-01 08:33 |

Los Angelesの旅

こんにちは、レモン君です。
久しぶりの旅行記です。



旅行前の事前調査中。

『ロサンゼルス!アメリカ第二の都市。
ビバリーヒルズにハリウッド!
お洒落でセレブな町並み♪
ハリウッドスターに出会えちゃうかも?!』

なんて文句をよく目にしました。
でも、その度に僕の不安は増えていったのです。
というのも、
我が家の旅のテーマは
「暮らすように旅をする」。
旅先だからとはいえ、極端な非日常は避け
できるだけ普段着で楽しめることをする。
なんか、このテーマとは異質な地に思えて
「今回は行き先間違えたかな…」
なんて思いを払拭できないまま飛行機に乗りました。


でも、結果から言うと
とっても楽しむことができました!
つまり、
ロスでも立派に地味旅行ができたんです!笑




宿泊先はいつもの通りairbnb
朝食は家でゆっくり食べてから出発。
昼間は近所の公園で遊んだり
e0287190_22334794.jpg

近くのビーチまでドライブしたり
e0287190_22345753.jpg

時には豪華に遊んだり。
e0287190_22352225.jpg



ランチはお手軽に
フードコートかハンバーガーが専ら。
e0287190_13484413.jpg
e0287190_22054008.jpg
e0287190_22052871.jpg




で、帰りにスーパーに寄って
e0287190_22061036.jpg



夕飯はいつも家で自炊。
e0287190_22062152.jpg
e0287190_22064488.jpg



そんな毎日でした。
でも、そんないつも通りの毎日を過ごせたからこそ
家族全員で笑って帰ってこれたんだと思っています。







セレブな街、ロサンゼルス。
もちろん、それも滞在中に何度も垣間みることができました。
でも、そのすぐ隣にはアメリカの日常があったりして。

登校する子供たち。
豪快にゴミ箱を抱え上げる収集車。
正装で礼拝に向かう家族。

考えてみれば、当たり前なんだけど
行ってみるまで
その当たり前に気づくことができませんでした。


行ってみなきゃわからない。
やってみなきゃわからない。
食べてみなきゃわからない。
クリックだけじゃわからない。

我が家にとって
醍醐味はそこにあることを
今回、改めて思い知らされた旅となりました。





つづく













[PR]
by kinostore | 2016-04-26 14:03 |

BB-8 ANA JET の旅


すっかり遅くなってしまいましたが、
のんびりロサンゼルスの旅日記がスタートです。


なぜ今回ロスだったのか?
…じつは我が家はロサンゼルスにあまり興味がありませんでした。
私は人生2度目だったのですが、
初めて行ったときにあまりいい印象がなく、
おそらく二度と訪れないだろうな、とさえ思っていました。

しかしながら今回ロサンゼルスを再訪した理由…
それはANAの「BB-8 JET」に乗ることができるという
“確約”があったから。

というのも、ANAのスターウォーズジェットは
機材オペレーションにより、
基本的に当日にならないとスケジュールが決まらないという、
いわば“運がよければ”乗ることができるというのが基本。
けれど、ちょうど春休みの時期と
第3弾であるBB-8塗装の機体がデビューするタイミングが重なり、
国際線就航便が発表されたのです。

というわけで、「これも何かだ!」(毎回恒例)と、
清水の舞台から飛び降りる覚悟でチケットを取りました。

いつもなら、夕方成田発→現地午前着なのですが、
今回は、夜中羽田発→現地夕方着という慣れないスケジュール。
そのため、那覇空港を発つのは夜7時を廻ってから。
夕陽をバックにノスタルジーに溢れながらの出発となりました。

e0287190_22333098.jpg


羽田空港の国際線も今回初利用。
新しいだけあって、成田よりずっと便利で快適でした!


e0287190_22353571.jpg

子どもたちは起きていられるんだろうか?と心配しましたが、
BB-8が駐機しているのを目の当たりにして、
眠気そっちのけで大興奮。


e0287190_22384863.jpg




国際線初就航とあって、搭乗前に記念品が配られました。

e0287190_22405861.jpg


搭乗時もBGMがスターウォーズだったり、
ギャレーでヨーダが出迎えてくれたり。


e0287190_22440244.jpg


もちろん機内でも最新作上映。

e0287190_22453180.jpg


その他、CAさんのエプロンやドリンクカップがBB-8柄だったり、
到着までの10時間楽しませていただきました!
ただ、こどもたちは体内時計が正確なので、
ほぼ寝っぱなしでしたが…。(笑)


今回の機内でも往復映画三昧でしたが、
私が印象に残ったのは、『Secret in Their Eyes』(日本6月公開)
機内で観ても「ひえぇえ〜!」となりました。




というわけで、無事ロサンゼルス空港に到着!


e0287190_23170676.jpg

日本からの初就航便ということは、アメリカでも初お披露目。
現地でも報道陣がたくさん来ていました。


e0287190_23153845.jpg



そしてすでに復路便の「ロサンゼルス→羽田」初就航便のイベント準備が…。

e0287190_23195253.jpg


今後もニューヨーク、ワシントンD.C.、ヒューストンなどの
北米を中心に運用とのことで、
これからもたくさんのファンを楽しませてくれることでしょう!
すてきなひとときをありがとうございました!




つづく。











[PR]
by kinostore | 2016-04-25 23:46 |

旅の終わりに



以前、夏のシアトルに感動して、
冬にもう一度訪れて寒さと暗さに震え、
次に行くときはやっぱり夏にしようと誓っての再訪でした。


沖縄もそうだけれど、
やはりその場所にはその場所なりのベストシーズンがあるわけで。
私は沖縄に住んでいるから冬の沖縄も好きだけれど、
沖縄へ旅行するならいつがいいと思うか聞かれたら
どんなに暑くてもやはり夏を勧めたいなぁと思う。


シアトル同様、ポートランドの夏もまたすてきで、
朝晩のひんやりとした空気と
日中のからっとした暑さは絶妙のバランスだと思うし、
何より夜8時を過ぎてもまだ明るいという
驚きの日の長さもまた、旅の楽しみを増やしてくれました。




今回の旅で一番足を運んだのは、近所の公園。

e0287190_15213797.jpg


それから、近所のスーパー「New Seasons Market」。


e0287190_17125505.jpg



おしゃれな店も、おいしいレストランにも
ほとんど行かなかったけれど、
心地よい自然と地元の食材と、
そして寛ぐことのできる家があれば
我が家にとってその旅はパーフェクトなのです。




旅を終えて5ヶ月あまりが過ぎました。
今は、またこの小さな家に「ただいま!」と言えるように
家族みんなで夢見ています。

e0287190_15323963.jpg



帰りの日はまたシアトル経由だったので、早朝に家を出ました。

e0287190_15534180.jpg

近所でお世話になったベーグル屋さんの開店を待って、
ほっかほかの焼きたてを買いました。

e0287190_15543705.jpg



パリパリとベーグルを噛みしめながら、
オレゴン州からワシントン州へ。

e0287190_15575921.jpg




シータックはいつも賑やか。

e0287190_15595382.jpg


そして異国の地でこの青い翼を見ると、いつもほっとするのです。

e0287190_16033056.jpg

来年の目標はもちろん! STAR WARS JETに乗ること!

…ちょっと無理かなぁ…。(笑)


ともあれ、また元気に旅ができますように!

e0287190_17231075.jpg



















[PR]
by kinostore | 2015-12-30 17:23 |