ブログトップ

今日のストアー

kinostore.exblog.jp

カテゴリ:旅( 90 )

秋の軽井沢へ


先週は3日間お休みをいただいて、
ご迷惑をおかけしてすみませんでした。

おかげさまで、しばし仕事を忘れ
のんびりと秋の旅を満喫してきました!


e0287190_14081354.jpg


向かった先は、長野県の軽井沢。
東京に帰省することはあっても
そのままスルーするのは初めて!
なんとも不思議な感じです。


東京駅構内で駅弁を買いました。

駅弁屋 祭

常時200種類以上のお弁当が販売されていて、
平日にもかかわらず店内には人が溢れ、
まさにお祭り状態!(笑)
入り口にあるサンプル壁を見ているだけで楽しかったです。


e0287190_13522067.jpg

夫は「新幹線で駅弁とビール」にとても憧れていたようで、
ホクホクしておりました。(笑)
私も新幹線に乗るのは20年ぶり…!?
もちろん子供たちにとっては生まれて初めての新幹線です。


e0287190_14161427.jpg

北陸新幹線「あさま」
東京から軽井沢まで約1時間。
お弁当を食べてぼーっとしていたらあっという間に到着。
そういえば、
我が家はトランクを1つ持って行ったのですが、
車内にスーツケース置き場がちゃんとあって
置き場所にも困りませんでした。
(事前情報が見つけられなかったのでご参考まで!)


軽井沢、新幹線を降りた瞬間から寒い。
東京も涼しいなぁとは思いましたが、
たった1時間離れるだけでこんなにも違うものなんですね!


e0287190_14404497.jpg

沖縄との気温差、22℃。
6℃というと、沖縄の真冬でも希。
ともすればニュースになっちゃう気温です。(笑)

湿度もなくカラッとしていて
空気もピンと澄んでいて清々しい!
避暑地として親しまれる所以ですね♪



今回の宿泊先は、こちら

いやはや、至れり尽くせりとはまさにこのこと…。
森に囲まれて、贅沢な4日間でした。

e0287190_14510470.jpg

それにしても、沖縄の木々とはあきらかに違う!
空気感といい景色といい、
「シアトルのグリーンレイクパークっぽい!」と夫と話しました。
(リンク先を見たら娘が小さくてかわいかった〜〜〜(親バカ(笑))


ロッジのなかは、北欧風。
木の香りに包まれて温かみのあるインテリアが印象的でした。

e0287190_15514280.jpg


食事はセンターハウスという別棟で。
滞在中いつでも利用できるのがまた素敵!

e0287190_15584565.jpg

部屋からは少し離れているので、
かわいいカートで送り迎えしてくれます。

e0287190_16024334.jpg

子どもたちはレンタサイクルが嬉しかったみたいで、
ロッジとセンターハウスは自転車移動。
(娘はこんなに大きくなってしまった…笑)
e0287190_15395464.jpg


絵本に出てきそうなキノコがポコポコと。

e0287190_15375773.jpg

e0287190_15380701.jpg


コテージを抜けたら、すぐにアウトレットモール!
しかも広大な敷地のなかに200店舗以上あるので、
滞在中全部見切れなかったほど。
お買い物好きの人にはたまらない立地です。

e0287190_15583101.jpg

我が家もそれぞれ好きなものを購入。
私は「L.L.Bean」でグリーンカモのトートを買いました。
ビーンブーツのキーホルダーもつけちゃった。

e0287190_15563900.jpg


もともとゴルフ場だったということで、
広々のびのびとショッピングできるのも魅力です。
一日中遊べてしまう。
パーキングに並ぶ車は、品川・練馬・横浜・習志野などなど
圧倒的に関東圏ナンバーばかり!
みなさんドライブで来ているんですね〜!
夕暮れもキレイでした。

e0287190_16171801.jpg




そして、私がこの旅で何よりも楽しみにしていた、
ご当地スーパー「ツルヤ」。

評判は以前から聞いていたので、
ずっと行ってみたかったのです。
軽井沢店は来月から1ヶ月改装工事で休業とのことで、
すでに足場が組まれ始めていました。(セーフセーフ!)

e0287190_16280159.jpg

ここへ行けば長野のお土産が揃うと言われている通り、
地元のものがたくさん置いてあり、
しかもPB商品も魅力的で価格もお手頃でした!
「成城石井」に近い感じかな!?


ピオーネとシャインマスカット、プルーン。
うまっ!(しかも手が出る値段(笑))

e0287190_17184345.jpg



滞在中に食べた、まるごとりんごゼリー。
これ、ブルリンっ!と出てきて
「ウワァ〜!」となりました。
沖縄の方にわかりやすく伝えると、
ゆし豆腐を器に移す時みたいな!
…とにかくすごかった。(語彙不足(笑))

e0287190_17191933.jpg


下は全部PB商品。
りんごバターはあまりに有名で、
テレビで紹介されると個数制限が出るとか…。


e0287190_17191392.jpg

あ、あと!コーヒー豆も!
丸山珈琲のツルヤオリジナルブレンド。


楽しみにいただきますー!




最後の日は雨だったので、
宿泊でいただいたチケットを使って、
旧軽井沢のトリックアート美術館へ行ったり、

e0287190_17391587.jpg

ミカドコーヒーのモカソフトも食べました。

e0287190_17585083.jpg


ボルダリングにも初挑戦。

e0287190_17390948.jpg

雨でも楽しめるようにできているのが、
観光地ならではなんだろうなぁと思います。




帰りに、軽井沢駅で「峠の釜めし」を買って、
新幹線の車内で食べました。

e0287190_17390001.jpg


ここだけの話、この旅で一番美味しかった!!

なんていうんですかね、、
ふわふわっと表面を撫でるような数日間だったので、
峠の釜めしを食べてやっと我に返る、というか。笑
お腹の底があたたかくなりました。

また宜野座の小さな箱に家族4人で身を寄せて、
毎日騒がしく暮らせたらそれがいちばんの幸せなんだと思います。

e0287190_17390254.jpg


いつも同じ場所にいると、
そんな当たり前のことにさえ気づかない。

たまには遠く離れて、浮かれて疲れて、
日常を噛みしめる。

だから、私は旅が好きです。

e0287190_18413323.jpg



また今週から、甘いものを焼いて
あたたかな何かをお届けできますように。

目指せ、峠の釜めし!笑














[PR]
by kinostore | 2017-10-09 20:29 |

ハンバーガーのこと



カリフォルニアのハンバーガーといえば、
まずは『In-N-Out Burger』なんじゃないかなぁと思います。

e0287190_16335251.jpg


一見よくあるファストフードチェーン店ですが、
味はかなり真面目で本格的なんです。

バーガーの種類は3つしかなくて、
ハンバーガー・チーズバーガー・
ダブルダブル(パテとチーズが2枚)のみ。
それに、ポテトとドリンクという
とってもシンプルな品揃え。

しかも、冷凍ものを一切使わず、
オーダーしてから調理するという徹底ぶり。

長年このスタイルで提供している老舗ならではの
カチッと決まったビジュアルに
私はいつもウハウハとなります。(笑)


e0287190_16340194.jpg


種類は3つしかないけれど、
カスタマイズが豊富なのもまた魅力で、
我が家は玉ねぎを抜くとかグリルするとかその程度ですが
トマトやレタスを増やせたり(しかも追加料金なし)、
パテの焼き具合はもちろん、
バンズの焼き具合までリクエストできるそうです。


ポテトももちろん生のジャガイモから。
塩味もほとんど付いていないから
ほぼ素揚げに近い味わいで美味しいんです。



e0287190_16340498.jpg

塩とケチャップがもれなく置いてありますが、
ポテトももれなくカスタマイズができて、
特製ソースやチーズをかけてもらうことができます。



そしてそして、ここでも子どもにスティッカー。
またこれが教科書の挿絵みたいな
レトロなデザインでかわいいー。

e0287190_16340938.jpg

昨年はドライブスルーだったので
今回店内でゆっくり食べることができて
周りのお客さんのカスタマイズ具合をチラチラ見ながら(笑)
楽しいランチタイムでした。

In-n-outについては株式非公開だったり、
なぜ国外はおろか東海岸にさえも出店しないのか…
従業員満足度の高さなど
ビジネス面でも興味深い話がいっぱいだったので
興味がある方はぜひ検索してみてくださいね。
私も「へー!ほー!」と言いながら読みました。




そのほかにも、今回食べたハンバーガー。


今回の家に行く前に寄ったパーラー的なお店。

e0287190_17492810.jpg

こちらも老舗らしく、
手書きの壁画がかわいかった。

e0287190_17493160.jpg

外のサイン、JもMも抜けっちゃってるから
なかなか見つけられなかった…!(笑)

e0287190_18411130.jpg





続いて、『Pie 'n Burger

こちらも1963年創業の老舗。
昨年、フードトラックで出店していて
美味しくて感動したので、今年は店舗へ。



沖縄にもありそうな、いかにもダイナーな店内。

e0287190_17494527.jpg
e0287190_17494775.jpg

美味しかったけれど、
昨年青空の下で食べた時のほうが美味しく感じたのは
きっと頬張る環境だったのかなぁって思います。
おにぎりも、家のなかで食べるより
ピクニックで食べるほうが断然美味しいですものね!



ともあれ、
国民食ともいうべきハンバーガーな空間に身を置くと、
不思議と、見ず知らずの人でも
その頬張る背中に人生を感じます。
旅行者の私にとっては、
そんな背中を眺めながらのひとときもまた旅の楽しみなのです。




ごちそうさまでした!

e0287190_19012955.jpg


















[PR]
by kinostore | 2017-03-27 12:10 |

L.A.スーパーマッケット巡り 2017



今回もスーパーマッケット巡りをしてきました。
昨年のL.A.スーパー巡りはこちらで。


“スーパーマーケット巡り”と言っても、
毎日家で自炊をしていたので
当たり前といえば当たり前なのですが…。



まずは、定番。

e0287190_22225165.jpg

もれなくカートに乗りたがる娘。
さすがに今回がサイズ的に最後なんじゃないかと…。笑

家に着いて、調味料類のストックをチェックして、
足りないものはまずトレジョで揃えるのが
いつしか定番になりました。
なにせミル付きの調味料が安くて、種類も豊富。
今回の家はびっくりするほど調味料が揃っていたので
ほぼ買い足しなしでした!素晴らしい!


店員さんもみんな親切で、
レジのたわいもないやり取りも毎回楽しみの一つ。
大概のスーパーはレジがベルトコンベアーになっていて
商品を置いて流すシステムですが、
トレジョはあえてのアナログで
カートごと店員さんに預けて直接計算してもらうシステム。
だから、娘もカートに乗ったまま店員さんの横付けに。

カートの商品を娘に見せながら
「これ好きなの?」「美味しいよね〜!」なんて
話しかけながらのお会計です。

e0287190_22234567.jpg

他のスーパーでもそうなんだけど、
日本だとお客さんが買った商品には敢えてふれないのが
暗黙の了解というかマナーみたいなところがあるけれど、
こちらでは「これ、自分も好き!」とか
「今日はケーキ焼くの?」とか、
買う商品を介して会話することがとても多い。
最初こそ戸惑ったけれど、慣れてくるとなんだか心地よく、
とてもあたたかな気持ちになります。
どんな場所でも、最後は人と人。
旅に出るといつも
“もっと人間臭くありたいな”と思います。


もれなく子どもたちにくれるステッカー。
今回は、St Patrick's DayとRose Paradeのでした。
いつもかわいい。

e0287190_23481870.jpg

今回の家からほぼ同距離でトレジョが3店舗。
なかでも、La Canada のトレジョはのんびりしていて
めずらしく車も停めやすかった。笑
カリフォルニアらしい外観も素敵でした。

e0287190_22224175.jpg




そして、こちらも恒例。
昨年利用したパサデナのホールフーズ。
「そうそう、ここここ!」の安心感。(笑)

前回も利用しましたが、2階がデリになっているので
買い物ついでに何度かここでランチを済ませました。

家族がそれぞれ好きなものを食べられるので、
ほぼファミレス的な感覚でとっても気楽なのも
お気に入りの理由です。

娘のスープとソーダクラッカー。

e0287190_22144469.jpg

私のテリヤキチキン。
さすがオーガニックスーパーなだけあって、
どれも味が濃くないし、ちゃんと美味しい。
チキンの下はブラウンライス(玄米)です。

e0287190_22154003.jpg




もう一店舗、スーパーのデリでお気に入りだったのが、
Sprout Farmers Market

e0287190_00050267.jpg

こちらもオーガニック商品を多く扱うスーパーで、
ホールフーズやトレジョと競合と言われているようですが
両店よりも価格は庶民的で買いやすい印象でした。
バルクに関しても、私が今まで見たスーパーのなかでは
一番種類が豊富でした!
外にいくつか席があって、オーダーサンドイッチでランチ。
美味しかったなぁ。

e0287190_00052142.jpg



そして、家から一番近く、
そして一番おもしろかったスーパーが
Super King Market

e0287190_00244393.jpg

外観こそ倉庫みたいですが、
なにせいつ行ってもすごく混んでいて、人種も様々。
アラブ系のスーパーらしく、
他のスーパーでは見かけないような
中近東やアジアの野菜や食品も多く売られていて
見ているだけでとっても楽しかったです!
しかも野菜も肉も魚も新鮮で安くてびっくり。


初めて食べた生のひよこ豆もここで買いました。

e0287190_00541448.jpg


枝豆のように、さっと茹でて剥いて食べます。
あの乾物のひよこ豆の面影がほんのり。
ホクホク甘みがあっておいしかったぁ。

e0287190_00545239.jpg


肉の量り売りも種類が豊富で、
滞在中ほぼ毎日利用しました。


e0287190_01021385.jpg






肉といえば、今回の旅で忘れてはならない想い出が…。

ロスの観光名所としても有名な
「グランドセントラルマーケット」を訪れたときのこと。
夫がビールを買ったついでに
せっかく来たのだから…と、目についた精肉店で
リブアイを買って帰ることに。

Belcampo」というお店。

e0287190_01053253.jpg

e0287190_02071679.jpg
リブアイはもう何度もスーパーで買っている部位だし
だいたいの相場もわかっていたので
ポンドいくらかを確認せずに1枚お願いしたら、
なんと56ドル!!

e0287190_08075989.jpg

もう包んでもらっちゃったし、
やっぱりいいです…とも言い出せず
この旅一番の超高級牛肉をご購入となりました…。

e0287190_01212273.jpg

確認してから買えばよかった…と肩を落とす夫に
息子が一言、
「ビール入れてもらえたんだし…まぁドンマイ!」って。
あとから調べたら、自社牧場で生育から精肉まで行う
すごいこだわりのある精肉店だそうで。
もちろんおいしかったけれど、
我が家はスーパーキングマーケットでじゅうぶん満足!
いろんな意味でいい想い出になりました。


ちなみにグランドセントラルマーケットは
映画『LA LA LAND』にも登場していましたが、
すぐ裏手にはAngels Flight Railwayも。
レトロなピンク色のゲートとケーブルカーがポツンと。
2013年に脱線トラブルがあって以来休止とのことで
いつかまた活躍する日がくるといいですね!

e0287190_01580684.jpg
いずれにせよ、ロスのダウンタウンは
田舎好きの私たちには肌に合わず!
そそくさと退散しました。





最後に、Target

e0287190_08224046.jpg
スーパーというより、ディスカウントストアーです。
同じようなカテゴリーにWalmartがありますが、
私はターゲットのほうが、
デザイン的にかわいいものがあるので好きです。
(とくにクリアランスの棚は必見!)
夫はおもちゃ(スターウォーズですね…笑)
割引率が高いという理由で
ウォルマートに一票だそうです。
食料品のほかに衣料品、家電、おもちゃ、文具などなど
生活に必要なものは大抵揃います。
我が家は、生鮮食料品こそ買いませんでしたが、
お菓子や水はここで買いました。
いわゆるアメリカっぽいお菓子は
オーガニック系のスーパーでは売っていないので、
それはそれで見るのが楽しい。

e0287190_08223757.jpg
恒例の限定フレーバー探し。
今回はオレオがPeeps Ver.でした。
Peepsとは、ひよこやウサギの形をしたマシュマロで、
イースター=ピープスなの!?っていうくらいに
大量に売られていました。
でもオレオで挟んじゃったら、
ただのピンク色のマシュマロサンドっていう…。
キスチョコはキャロットケーキ味!
m&m'sはバニラカップケーキ味。
これはターゲットコラボ商品でした。
色がかわいい。

e0287190_08223483.jpg
味はどれも歯が痛くなるくらい「甘っ!!」
わかっているんだけど、
毎回ついつい試してみたくなる3ブランドでした。



というわけで、
最後に夫がため息交じりに撮った
56ドルの肉の写真を載っけておきますね。



「はい、ビーフ!」


e0287190_10002240.jpg






















[PR]
by kinostore | 2017-03-26 10:22 |

ビールのこと (LA2回目)

こんにちは、レモン君です。
今回はロスで飲んだビールのおはなし。



「さぁクラフトビールをたくさん飲みますよ!」
というわけで、今回の旅に同行させたのはこの陶器のグラウラー。
e0287190_15003430.jpg

グラウラーは、
クラフトビールをお持ち帰りする専用ボトルみたいなもの。
前回は、割れてしまうことを恐れて
他のステンレスのボトルにしたのですが、
これだとほとんどのbreweryでビールを入れてもらえなかった…。
なので、今回はいちばんのお気に入りの陶器ボトルにして、
リベンジの意味を込めたビール旅が始まりました。






まず最初に訪れたのは
Grand Central MarketにあるGolden Road Brewing
こちらは今回初めて行きました。
市場の中だけあって、まだ明るいうちからこの賑わい!
e0287190_19315933.jpg


早速myグラウラーをお店のお姉さんに渡して
IPAを入れてもらおうと思ってメニューを見てびっくり!
IPAだけで5~6種類くらいあったんです。
e0287190_22302744.jpg

お姉さんがひとつひとつ丁寧に説明してくれたんだけど、
僕には何やらちんぷんかんぷん。
で、結局僕が言えたのは
「I wanna just IPA!」笑
したら、お姉さんも笑って「OK!」って。

e0287190_22303457.jpg
入れてくれましたよ!myグラウラーに!
それだけで嬉しかった!笑


注いでくれているのを間近で見てて気づいたんだけど、
グラウラーにfill upするのって、わりと大変なんですね。
泡を流さなくてはいけないから。
満タンにするのに、グラス1杯分くらいは
捨ててるんじゃないかしら。
そう考えると、グラウラーサービスは
breweryのように自社製造のビールじゃないと
割に合わないんだろうなって思いました。


e0287190_22304455.jpg
Golden Road BrewingのIPA。
美味しかったな〜♪
お店のお姉さんも優しかったし。
次に訪れる時は別のIPAを試してみなきゃ!





そして、次に訪れたのがPasadenaにあるSTONE brewing
有名なbreweryですが、
ここは前回入れてもらえなかったお店のひとつ...。
その悔しさを思い出しながら
「今度こそ!」と、気合を入れて店内へ。
e0287190_22282277.jpg

店のお兄さんに
「このグラウラー使えるかな?」と、尋ねると
「もちろん。で、どのビールがいいの?」と、あっさり。
やった!そうこなくちゃ!
そして、お兄さんは僕のオーダーしたIPAを
ゆっくり丁寧にグラウラーに注いでくれたのでした。


e0287190_22382815.jpg



お兄さんにチップを渡すとき、
僕のなかで昨年のことが走馬灯のように思い出されて、
思わずお兄さんと固く握手してしまいました。
お兄さんにしてみれば「なんで握手?」と思ったかもしれませんが
僕にしてみたら、チップよりその握手のほうに
感謝の思いが詰まっていたのでした。



e0287190_22481476.jpg
見て!この嬉しそうな顔!これが本当の感無量。笑
2年越しにしてようやく入れてもらえたSTONEのIPA。
美味しかったなぁ。
決して忘れられない味となりました。







グラウラーでクラフトビールを買って帰る。
これって、実は沖縄にぴったりなサービスだよなって
僕は常々思ってます。
だって

・県民みんなビールが大好き! 
 →たまにはオリオン以外でも♪
・車移動が基本。外で飲んだら帰れない! 
 →だったら買って家飲みしたらいいさ♪
・ビーチパーティーや模合など、
 みんなで集まって飲む機会が多い!
 →クーラーボックスからグラウラーが出てきたら
  テンションめっさ上がるわー♪

ほらね。

"那覇IPA"、"読谷IPA"、"国頭IPA"
なんていろんな地域の県産IPAで盛り上がる。
そんな日も遠くないんじゃないかなって期待しています。
で、その時のグラウラーは、もちろん陶器のグラウラー。
でも、せっかく沖縄なんだから
ここは"やちむん"のグラウラーでぜひ!





























[PR]
by kinostore | 2017-03-25 15:57 |

Egg Decorating


今回の旅でびっくりしたことの一つは、
どこもかしこも“イースター”一色だったこと。

イースターとはキリストの復活祭のことで、
キリスト教徒の方々にとっては
一年の中でもとても大きなイベントの一つとのこと。
日にちは“春分の日のあと最初の満月後の日曜日”で、
年によっては最大で一ヶ月も違ってくるそうです。


当日は家族が集まって食事をしたり
(メインディッシュはハムが定番なのだとか。)、
子どもたちにとっては、
生命の象徴を意味する卵を探し当てるエッグハントや
多産で知られるうさぎをモチーフにした
チョコレートをプレゼントしたりと、
春の訪れを楽しむ意味もあるようです。


今年は、帰国後の日にちだったこともあって、
せっかくの機会だから何か体験できるものをと思い、
卵を染めるデコレーティングキットを
お土産に買ってきました。
この「PAAS」がとてもポピュラーなようです。

e0287190_22404106.jpg

写真のようなクラシックなものから、
グリッターやキャラクターものまで。
どれも1〜3ドルくらいだったかな。
なかには卵を染めるためのタブレットや
デコレーション用のシール、
卵を引き上げるための針金などが入っています。


そして、今年は4月16日(日)がイースターで、
ちょうど友人たちと半期に一度恒例の
フリーマーケットを開催する日だったので
子どもたちと一緒に楽しむことにしました。


まずは色のタブレットをカップに一個ずつ入れて、
お酢を大さじ1入れてから、水を注いで色水作り。
そういえば、このキットと同じ販売コーナーに
もれなくハインツのビネガーが置いてあって、
その時は「?」でいっぱいでしたが、
今回ようやく意味が分かりました。(笑)


e0287190_22524669.jpg

小・中学生女子一同は「わぁ〜きれい〜♪」と、
この時点で大盛り上がり。
おばちゃん「買ってきてよかったぁー!」って
思いましたよ!(笑)


その後は、家で茹でてきた卵を一個ずつ入れて
30秒ほどしたら引き上げて乾かします。

そんなかんたんに色がつくの!?と思ったけれど、
本当にあっという間にきれいに色がつきました。
手前の卵のように、
あらかじめロウソクで模様を描いておくと、
その部分が染まらずに残ります。


e0287190_23080769.jpg


使っている色素も食用で認められているもので、
卵にヒビさえ入っていなければ、
なかに色移りすることもなく。
一方で、自然食品スーパーのホールフーズでは、
ビーツやベリーなどの野菜や果物から
色素を抽出して卵を染めるための
ワークショップもあるようで、
卵の染めかたが掲載されています。

にしても!
そこまでしてもやっぱりイースターには
卵を染めるものなんだ…!
という、時代は変わっても
伝統的な風習を重んじる姿勢を尊敬すると同時に、
私ももっとひな祭りや鯉のぼりの意味を理解して
きちんと祝って楽しまないと!と反省しました。
「異国を知ることは、自国を知ること。」
旅に出て、いつも痛感させられることの一つです。



卵はその後、各自持ち帰って
夕飯の食卓に並んだとのこと♪
我が家も久しぶりにゆで卵をモグモグ食べたけれど、
改めて食べたらなんだかとても美味しかった。(笑)



e0287190_07451435.jpg


いい想い出になりました!


e0287190_23470092.jpg















[PR]
by kinostore | 2017-03-24 10:00 |

雨のWBC


ロサンゼルスへ発つ数日前のこと。

めずらしくテレビでWBCの試合を見ていたら、
日本が準決勝に進出!とのこと。
野球に関して無関心な我が家は
とくに気にとめることもなかったのですが、
よくよく聞くと「いざ、ロサンゼルスのステージへ!」
と言っているではありませんか。

「え?ちょうど行った次の日が試合なんじゃない??」
という話になり、
今回の旅で何のイベントの予定もなかったこともあって、
「じゃあ、せっかくだし観に行ってみようか?」
と、軽い気持ちでチケットを取りました。

そして、当日。

“ 365日のうち300日が晴れ ”と言われるほど
降水量の少ないカリフォルニアにおいて、
何と、朝からがっつり雨…!(笑)
またしても最強の雨女パワーを発揮してしまいました。
まさかの展開に、まずはTargetに行って雨具探し。


入り口には、きっと滅多にお目見えしないであろう
かわいいアンブレラバッグが!
ちょっとしたことだけど、雨の日でも気持ちが違います。


e0287190_16215365.jpg


店員さんに聞いたらポンチョを勧められたので
迷わず購入して、ドジャースタジアムに向かいました。

ドジャースタジアムは、
ダウンタウンからほど近い丘の上にあります。
到着すると、とにかく見渡す限り
パーキング!パーキング!パーキング!
逆に言えば、車以外の手段で来場する人は
きっとごくごく希なのでしょうね。
チケットを予約した際に、パーキングの場所次第で
値段が大きく変わるのも納得できました。

我が家は初めての経験なうえに
当日の試合がナイターだったので
多少値段が高くてもいいからと、
球場から近そうなスポットを予約しました。

奮発しただけあって、
行ってみたら球場に横付けでした。笑)
雨だったし、結果オーライ!

e0287190_17095034.jpg

正直、野球にはまったくもって興味がなかったのですが
実際目の前にしてみると興奮するものですね!

e0287190_17144658.jpg

地形をうまく利用したという球場はすり鉢状になっていて、
一番上のデッキ席はかなりの傾斜で、
高所恐怖気味の私は見ているだけで足がすくみました。
詳しいことはよくわからないのですが、
センターラインを軸に左右対称なのも珍しいそう。
そして何より開放感が抜群!!
と思ったら、日本でよく見る緑色のネットが
まったくないことに気づきました。
それだけでこんなにも違うんですね。

試合は接戦で、どちらのチームも一喜一憂。
思ってもみなかった観戦でしたが、
結果とても楽しかったです!

最後まで観戦したかったのですが、
雨と寒さで子供たちの体調も心配だったし、
慣れない雨の夜道の運転と渋滞を避けるため、
菊池選手がホームランを打つのを見納めて
球場を後にしました。

e0287190_17311611.jpg

帰りの車で食べたドジャース名物のドジャードッグと
熱々のピザが、冷え切った体には最高に美味しかった!
欲を言えば、澄んだ夜空のなか
観戦しながらゆっくり食べたかったなぁ。
(現地の皆様はお構いなしにモリモリ食べてましたが…!)


結果は残念だったけれど、日本が準決勝に進まなければ
我が家はここへ来ることもなかったし、
「イェーイ!」なんて40過ぎて叫ぶこともなかったので(笑)
そんな意味でも、とても感謝しています。
想い出に残る一夜をありがとうございました!


ちなみに滞在中に雨が降ったのは、
この日たった一日だけだったことをここにご報告しておきます…。


e0287190_18405551.jpg
















[PR]
by kinostore | 2017-03-23 12:00 |

今回の“我が家”



今回の旅もairbnbで一軒家を借りました。

我が家がairbnbを通して家を借りるのは今回で5回目ですが、
この手の民泊のスタイルが世に浸透してくのと比例して
諸々の規制や危険性などネガティブな面も多々注目されていて、
利用させてもらう立場から、私もその動向に注目しています。

旅のなかで、宿泊先を選ぶという作業は
旅の充実度を測るうえでかなりのウェイトを占めると思います。
もし夫婦2人の旅ならホテルでも充分楽しめると思いますが、
家族4人となると選択肢は大きく変わるもの。
日本国内ならば「タタミ」という強い味方がいますが(笑)
海外、とくに欧米となるとダブル(ツイン)が基本で、
とくに子供が添い寝の時期を過ぎた小学生2人となると
ホテルという選択肢はなかなか困難…。
ツインの部屋を2つ?…値段は2部屋分!
大量の洗濯ものは?食事は毎回外食!?
そんな問題を一気に解決してくれるのがairbnbなのです。

その一方で、都市部では
通常の賃貸物件として部屋や家を貸すより
airbnbのような短期賃貸のほうが
メリットが多いと考える家主が増えたことで、
慢性的な住宅不足が問題となっているようです。
しかし、逆に過疎が進み空き家問題に悩む地域などにとっては、
旅行者にお試しで短期間住んでもらうことで
地域の魅力をアピールするチャンスになるでしょうし、
移住の促進につながるきっかけにもなるかもしれません。

新しいシステムに課題はつきもの。
ゲストとして利用する我が家の旅には
もはやなくてはならないシステムゆえ、
実際泊まって感じたことや課題点などを含め、今後も
できるだけフィードバックしていけたらいいなと思っています。






というわけで、今回借りた家。

e0287190_07165078.jpg


ロサンゼルスの空港から車で40分ほど。
Pasadena(パサデナ)という街にあります。
この街は昨年ロサンゼルスを訪れた際に、
我が家が一番気に入った地域。
ロサンゼルスのなかでも高級住宅街と言われる地域の一つですが、
有名なビバリーヒルズなどとは異なり、
カリフォルニア工科大学や美術館など文化的施設も多く
緑溢れる落ち着いた雰囲気が印象的。
次にロスを訪れる機会があれば、
絶対ここを拠点にしよう!と思っていたので、
今回の家選びはとってもスムーズでした。



e0287190_15415045.jpg


広い農園のなかに、このゲストハウスとホストの家があります。
“ホストが同じ敷地に住んでいる”というのは、
我が家が毎回家選びをする際の絶対条件です。
ただでさえ異国の地、
何か困った時に気兼ねなく聞くことができるのは
精神的にとても楽だし、コミュニケーションをとることも
いつしか楽しみの一つになりました。

到着した時に、いきなり車にでっかいニワトリが乗車してきて
強烈な歓迎を受けましたが(笑)、とにもかくにも、快適!の一言。
夢のような2週間を過ごしました。


ファーム内には、ロバやアヒル、犬、ネコ、うさぎ。

e0287190_15471439.jpg

そして、すぐ裏は山なので、
夫は、夜な夜な裏山で遠吠えするコヨーテの声に
度々起こされたそうです。(笑)

e0287190_16072501.jpg


家のなかも私たちにはもったいないほど広々で、
キッチンも外の光がたっぷり差し込んで、
オーブンもディッシュウォッシャーもパーフェクト、
スパイスも迷うほど揃っていてとっても使いやすかった。


e0287190_16025648.jpg


そして、毎日ここで自炊して、食卓を囲みました。
なんと今回の滞在中にまともに外食したのはたったの1回!

e0287190_16051471.jpg



リビングには大きなソファとテレビがあって(もはやお決まり(笑))
子供たちは夜な夜なNetflixでアニメ三昧。
息子は「Bayblde Metal Fusion」、
娘は「Masha and the Bear」がお気に入りで、
帰国する頃には私もすっかり主題歌を口ずさめるように…。

e0287190_18043597.jpg



さて、明日はどこへ行こうかな。

e0287190_16162467.jpg




























[PR]
by kinostore | 2017-03-22 12:00 |

コーヒーのこと (LA 2回目)

お久しぶりです、レモンくんです。


1年ぶりのロサンゼルス。
今回もたくさんのコーヒーを飲んできました。
特に印象に残ったのはこの2店。


前回も訪れて、とってもおいしかったこのお店。
「海外のお店をリピートできるなんて」と、
ほくほくしなが店内へ。
e0287190_16184499.jpg

「あれ?なんか配置変わった?」
なんてリピーター気取りしたりして。
販売してる豆の種類はたくさんあるのですが、僕が欲しかったのはこれ。

e0287190_16253627.jpg
Pasadena Blend
前回も購入して味も名前も気に入っていました。
パッケージを見つけたときは、思わず小躍り♪
久しぶりに訪れたお店で思い出の味を買えるのってこんなに嬉しいことなんですね。
「この気持ちは忘れちゃいけないなぁ」と、噛み締めたのでした。

e0287190_16184821.jpg






e0287190_16465944.jpg

こちらは今回初めて訪れました。
倉庫みたいな外観から、扉を開けてびっくり!
e0287190_16470473.jpg
店内はお客さんでいっぱい!
滞在中に3回訪れたのですが、いつもこんな感じでした。
なかに入るのを思わず躊躇してしまうほどでしたが、
「これはおいしい証拠!」と、鼻息荒くコーヒーを購入。

e0287190_16471018.jpg

やはり間違いなかったです。
でも、さらにうれしかったのが、
カウンター脇にちょこんと置かれているスウィーツたちが
抜群においしかったんです!!
e0287190_16470708.jpg
甘すぎない味付け、素材の使い方、ディスプレイなど
妻はびしびし影響を受けていたようです。





というわけで
買ってきましたコーヒー豆!
e0287190_17155485.jpg

気持ちだけは負けじとドリップしますので、
ぜひ、きのストアーのお菓子とともにお楽しみくださいね!









[PR]
by kinostore | 2017-03-21 17:00 |

旅の理由


年に一度の長期休暇をいただいて、
昨年春に続き、アメリカ西海岸・ロサンゼルスを再訪しました。


昨年はBB-8 JETに乗りたくて、
初めて羽田からの深夜便を利用しましたが、
ロスに到着するのが夜で運転も不安だったし、
初めて時差ボケに苦労したので
今回はいつも通り成田夕方発ロス午前着の便に戻しました。


成田空港で浮世絵体験のイベントをしていて、
「今空いてるからどうぞどうぞ!」と促されるままに
せっかくの貴重な機会なので体験させてもらうことに。

e0287190_23162629.jpg
e0287190_23163349.jpg
日本人なのに、浮世絵のことをまったく知らなかったので
とっても勉強になりました!
出来上がった見返り美人。
英語の説明もつけてクリアファイルに入れてくれます。

e0287190_23163748.jpg
我が家は今回借りる家のホストにプレゼントして、
とっても喜んでもらえました。
今回の旅でも行く先々で「日本から来た」というと、
東京はエキサイティング!鎌倉の大仏がすごかった!などと
日本の魅力について熱く語る方々がたくさんいて、
自国ながら見過ごしていることも多いなぁと痛感します。


というわけで、今回もANAで。
今回ももちろん貯めたマイルをフル活用!
(…でないと、とてもじゃないけど行けません!笑)


e0287190_06231422.jpg


今回、機内映画が個人的に観たかったものばかりで
厳選するのに苦労しました!笑


e0287190_23361100.jpg
とりあえず『LA LA LAND』をもう一回観てから、
『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、
『この世界の片隅に』で号泣しながら到着しました。
のんさんの声がまた素敵だった。


前向きに生きることはいつだって難しいなと思う。
いつも何かにぶつかると、
呪文のように自分自身に言い聞かせます。

“人生は一度きり”

当たり前のよくある言葉だけど、
私にとっては一番の心の薬です。
家計はつねに自転車操業だし、
ただでさえ営業日も少ないのに旅に出ちゃうし、
現実を突きつけられるとへんな汗が噴き出すけれど、
今は今しかないのも事実。


日々仕事でお菓子を焼く私にとっても
日々成長し続ける子供たちにとっても
学ぶべきは机上の知識より経験だと思っています。
どんなにインターネットが普及して、
どんなに知識をかんたんに手に入れられるようになっても
その場に身を置かなければ磨くことができない“センス”。
我が家が無理してでも旅へ出る理由って、
そんな繊細で曖昧な、でも最大の人生の“護身術”を
身につけるためなんじゃないかなぁって思っています。




今回もぼちぼちと更新したいと思っていますが、
営業のお知らせを最優先に表示させるため、
旅行中の日にち(3/20-4/1)で更新していこうと思っています。
過去記事の扱いになりますので
よかったら旅カテゴリーから覗いてやってもらえると嬉しいです♪







[PR]
by kinostore | 2017-03-20 12:00 |

LEGOLAND Hotel


レゴランドで遊んだあとは、
併設のレゴランドホテルに宿泊しました。

e0287190_17400067.jpg

実際行ってみた結論としては、
レゴランドへ行ったらレゴホテルに泊まらないともったいない!
ということでした。


まずは、チェックイン。

e0287190_17384831.jpg

ロビーからしてレゴだらけ!
受付してくれたスタッフのお兄さんが
大の日本アニメ好きとのことで、
「え!日本から!?ぼく日本のアニメ大好き!
とくに「ナルト」が好きなんだ!」
…と言われても、我が家はまったく知らないんです。
ラーメンに浮かぶナルトは好きですが…。
ごめんね、お兄さん!!


というわけで、その後はプログラムの説明をじっくりと。
深夜までオープンしているディズニーランドとは違って
レゴランドは夕方6時くらいには閉まってしまうので、
その後はホテルでさまざまなアクティビティが用意されています。
ダンスホールでダンスパーティーとか、ロビーでレゴコンテストとか
館内探検などなど、どれも子どもが主役のプログラムばかり。
もちろんどれも参加無料です。


部屋もフロアごとにテーマがあって、
子どもたちが大興奮すること間違いなし。

e0287190_17424267.jpg

2段ベッドの子どもブースは、大人立ち入り禁止。
子ども専用テレビに、レゴブロックも常備。

e0287190_17424951.jpg

e0287190_17534357.jpg

部屋の中はレゴ一色!
アイスペールもレゴ。

e0287190_17405032.jpg

チェックインの際に館内の探検クイズ用紙が渡されて、
4桁の数字を完成させると、部屋の秘密の金庫が開けられて
なかにはなんとお土産が!(なぜか3セット…)
これには子どもたちも大興奮でした。

e0287190_22445183.jpg


食事もオールインクルードなので、
夕食も朝食もレストランのビュッフェで
自由に食べることができます。


e0287190_17403451.jpg


夕飯を食べたらシャワーを浴びて、プールサイドのレゴ上映会へ!
この日はレゴスターウォーズでした。

e0287190_17410344.jpg

湿度のないカリフォルニアならではの
心地よい夜空の下、みんなでスクリーンを眺める心地よさ。
忘れられない旅の想い出になりました。


名古屋にも今後レゴランドホテルが建設予定とのことで、
きっと日本ならではのきめ細やかで
素敵な演出がいっぱいなんだろうなぁと想像しています。
完成が楽しみですねー!








[PR]
by kinostore | 2017-03-06 10:00 |