ブログトップ

今日のストアー

kinostore.exblog.jp

カテゴリ:旅( 86 )

Egg Decorating


今回の旅でびっくりしたことの一つは、
どこもかしこも“イースター”一色だったこと。

イースターとはキリストの復活祭のことで、
キリスト教徒の方々にとっては
一年の中でもとても大きなイベントの一つとのこと。
日にちは“春分の日のあと最初の満月後の日曜日”で、
年によっては最大で一ヶ月も違ってくるそうです。


当日は家族が集まって食事をしたり
(メインディッシュはハムが定番なのだとか。)、
子どもたちにとっては、
生命の象徴を意味する卵を探し当てるエッグハントや
多産で知られるうさぎをモチーフにした
チョコレートをプレゼントしたりと、
春の訪れを楽しむ意味もあるようです。


今年は、帰国後の日にちだったこともあって、
せっかくの機会だから何か体験できるものをと思い、
卵を染めるデコレーティングキットを
お土産に買ってきました。
この「PAAS」がとてもポピュラーなようです。

e0287190_22404106.jpg

写真のようなクラシックなものから、
グリッターやキャラクターものまで。
どれも1〜3ドルくらいだったかな。
なかには卵を染めるためのタブレットや
デコレーション用のシール、
卵を引き上げるための針金などが入っています。


そして、今年は4月16日(日)がイースターで、
ちょうど友人たちと半期に一度恒例の
フリーマーケットを開催する日だったので
子どもたちと一緒に楽しむことにしました。


まずは色のタブレットをカップに一個ずつ入れて、
お酢を大さじ1入れてから、水を注いで色水作り。
そういえば、このキットと同じ販売コーナーに
もれなくハインツのビネガーが置いてあって、
その時は「?」でいっぱいでしたが、
今回ようやく意味が分かりました。(笑)


e0287190_22524669.jpg

小・中学生女子一同は「わぁ〜きれい〜♪」と、
この時点で大盛り上がり。
おばちゃん「買ってきてよかったぁー!」って
思いましたよ!(笑)


その後は、家で茹でてきた卵を一個ずつ入れて
30秒ほどしたら引き上げて乾かします。

そんなかんたんに色がつくの!?と思ったけれど、
本当にあっという間にきれいに色がつきました。
手前の卵のように、
あらかじめロウソクで模様を描いておくと、
その部分が染まらずに残ります。


e0287190_23080769.jpg


使っている色素も食用で認められているもので、
卵にヒビさえ入っていなければ、
なかに色移りすることもなく。
一方で、自然食品スーパーのホールフーズでは、
ビーツやベリーなどの野菜や果物から
色素を抽出して卵を染めるための
ワークショップもあるようで、
卵の染めかたが掲載されています。

にしても!
そこまでしてもやっぱりイースターには
卵を染めるものなんだ…!
という、時代は変わっても
伝統的な風習を重んじる姿勢を尊敬すると同時に、
私ももっとひな祭りや鯉のぼりの意味を理解して
きちんと祝って楽しまないと!と反省しました。
「異国を知ることは、自国を知ること。」
旅に出て、いつも痛感させられることの一つです。



卵はその後、各自持ち帰って
夕飯の食卓に並んだとのこと♪
我が家も久しぶりにゆで卵をモグモグ食べたけれど、
改めて食べたらなんだかとても美味しかった。(笑)



e0287190_07451435.jpg


いい想い出になりました!


e0287190_23470092.jpg















[PR]
by kinostore | 2017-03-24 10:00 |

雨のWBC


ロサンゼルスへ発つ数日前のこと。

めずらしくテレビでWBCの試合を見ていたら、
日本が準決勝に進出!とのこと。
野球に関して無関心な我が家は
とくに気にとめることもなかったのですが、
よくよく聞くと「いざ、ロサンゼルスのステージへ!」
と言っているではありませんか。

「え?ちょうど行った次の日が試合なんじゃない??」
という話になり、
今回の旅で何のイベントの予定もなかったこともあって、
「じゃあ、せっかくだし観に行ってみようか?」
と、軽い気持ちでチケットを取りました。

そして、当日。

“ 365日のうち300日が晴れ ”と言われるほど
降水量の少ないカリフォルニアにおいて、
何と、朝からがっつり雨…!(笑)
またしても最強の雨女パワーを発揮してしまいました。
まさかの展開に、まずはTargetに行って雨具探し。


入り口には、きっと滅多にお目見えしないであろう
かわいいアンブレラバッグが!
ちょっとしたことだけど、雨の日でも気持ちが違います。


e0287190_16215365.jpg


店員さんに聞いたらポンチョを勧められたので
迷わず購入して、ドジャースタジアムに向かいました。

ドジャースタジアムは、
ダウンタウンからほど近い丘の上にあります。
到着すると、とにかく見渡す限り
パーキング!パーキング!パーキング!
逆に言えば、車以外の手段で来場する人は
きっとごくごく希なのでしょうね。
チケットを予約した際に、パーキングの場所次第で
値段が大きく変わるのも納得できました。

我が家は初めての経験なうえに
当日の試合がナイターだったので
多少値段が高くてもいいからと、
球場から近そうなスポットを予約しました。

奮発しただけあって、
行ってみたら球場に横付けでした。笑)
雨だったし、結果オーライ!

e0287190_17095034.jpg

正直、野球にはまったくもって興味がなかったのですが
実際目の前にしてみると興奮するものですね!

e0287190_17144658.jpg

地形をうまく利用したという球場はすり鉢状になっていて、
一番上のデッキ席はかなりの傾斜で、
高所恐怖気味の私は見ているだけで足がすくみました。
詳しいことはよくわからないのですが、
センターラインを軸に左右対称なのも珍しいそう。
そして何より開放感が抜群!!
と思ったら、日本でよく見る緑色のネットが
まったくないことに気づきました。
それだけでこんなにも違うんですね。

試合は接戦で、どちらのチームも一喜一憂。
思ってもみなかった観戦でしたが、
結果とても楽しかったです!

最後まで観戦したかったのですが、
雨と寒さで子供たちの体調も心配だったし、
慣れない雨の夜道の運転と渋滞を避けるため、
菊池選手がホームランを打つのを見納めて
球場を後にしました。

e0287190_17311611.jpg

帰りの車で食べたドジャース名物のドジャードッグと
熱々のピザが、冷え切った体には最高に美味しかった!
欲を言えば、澄んだ夜空のなか
観戦しながらゆっくり食べたかったなぁ。
(現地の皆様はお構いなしにモリモリ食べてましたが…!)


結果は残念だったけれど、日本が準決勝に進まなければ
我が家はここへ来ることもなかったし、
「イェーイ!」なんて40過ぎて叫ぶこともなかったので(笑)
そんな意味でも、とても感謝しています。
想い出に残る一夜をありがとうございました!


ちなみに滞在中に雨が降ったのは、
この日たった一日だけだったことをここにご報告しておきます…。


e0287190_18405551.jpg
















[PR]
by kinostore | 2017-03-23 12:00 |

今回の“我が家”



今回の旅もairbnbで一軒家を借りました。

我が家がairbnbを通して家を借りるのは今回で5回目ですが、
この手の民泊のスタイルが世に浸透してくのと比例して
諸々の規制や危険性などネガティブな面も多々注目されていて、
利用させてもらう立場から、私もその動向に注目しています。

旅のなかで、宿泊先を選ぶという作業は
旅の充実度を測るうえでかなりのウェイトを占めると思います。
もし夫婦2人の旅ならホテルでも充分楽しめると思いますが、
家族4人となると選択肢は大きく変わるもの。
日本国内ならば「タタミ」という強い味方がいますが(笑)
海外、とくに欧米となるとダブル(ツイン)が基本で、
とくに子供が添い寝の時期を過ぎた小学生2人となると
ホテルという選択肢はなかなか困難…。
ツインの部屋を2つ?…値段は2部屋分!
大量の洗濯ものは?食事は毎回外食!?
そんな問題を一気に解決してくれるのがairbnbなのです。

その一方で、都市部では
通常の賃貸物件として部屋や家を貸すより
airbnbのような短期賃貸のほうが
メリットが多いと考える家主が増えたことで、
慢性的な住宅不足が問題となっているようです。
しかし、逆に過疎が進み空き家問題に悩む地域などにとっては、
旅行者にお試しで短期間住んでもらうことで
地域の魅力をアピールするチャンスになるでしょうし、
移住の促進につながるきっかけにもなるかもしれません。

新しいシステムに課題はつきもの。
ゲストとして利用する我が家の旅には
もはやなくてはならないシステムゆえ、
実際泊まって感じたことや課題点などを含め、今後も
できるだけフィードバックしていけたらいいなと思っています。






というわけで、今回借りた家。

e0287190_07165078.jpg


ロサンゼルスの空港から車で40分ほど。
Pasadena(パサデナ)という街にあります。
この街は昨年ロサンゼルスを訪れた際に、
我が家が一番気に入った地域。
ロサンゼルスのなかでも高級住宅街と言われる地域の一つですが、
有名なビバリーヒルズなどとは異なり、
カリフォルニア工科大学や美術館など文化的施設も多く
緑溢れる落ち着いた雰囲気が印象的。
次にロスを訪れる機会があれば、
絶対ここを拠点にしよう!と思っていたので、
今回の家選びはとってもスムーズでした。



e0287190_15415045.jpg


広い農園のなかに、このゲストハウスとホストの家があります。
“ホストが同じ敷地に住んでいる”というのは、
我が家が毎回家選びをする際の絶対条件です。
ただでさえ異国の地、
何か困った時に気兼ねなく聞くことができるのは
精神的にとても楽だし、コミュニケーションをとることも
いつしか楽しみの一つになりました。

到着した時に、いきなり車にでっかいニワトリが乗車してきて
強烈な歓迎を受けましたが(笑)、とにもかくにも、快適!の一言。
夢のような2週間を過ごしました。


ファーム内には、ロバやアヒル、犬、ネコ、うさぎ。

e0287190_15471439.jpg

そして、すぐ裏は山なので、
夫は、夜な夜な裏山で遠吠えするコヨーテの声に
度々起こされたそうです。(笑)

e0287190_16072501.jpg


家のなかも私たちにはもったいないほど広々で、
キッチンも外の光がたっぷり差し込んで、
オーブンもディッシュウォッシャーもパーフェクト、
スパイスも迷うほど揃っていてとっても使いやすかった。


e0287190_16025648.jpg


そして、毎日ここで自炊して、食卓を囲みました。
なんと今回の滞在中にまともに外食したのはたったの1回!

e0287190_16051471.jpg



リビングには大きなソファとテレビがあって(もはやお決まり(笑))
子供たちは夜な夜なNetflixでアニメ三昧。
息子は「Bayblde Metal Fusion」、
娘は「Masha and the Bear」がお気に入りで、
帰国する頃には私もすっかり主題歌を口ずさめるように…。

e0287190_18043597.jpg



さて、明日はどこへ行こうかな。

e0287190_16162467.jpg




























[PR]
by kinostore | 2017-03-22 12:00 |

コーヒーのこと (LA 2回目)

お久しぶりです、レモンくんです。


1年ぶりのロサンゼルス。
今回もたくさんのコーヒーを飲んできました。
特に印象に残ったのはこの2店。


前回も訪れて、とってもおいしかったこのお店。
「海外のお店をリピートできるなんて」と、
ほくほくしなが店内へ。
e0287190_16184499.jpg

「あれ?なんか配置変わった?」
なんてリピーター気取りしたりして。
販売してる豆の種類はたくさんあるのですが、僕が欲しかったのはこれ。

e0287190_16253627.jpg
Pasadena Blend
前回も購入して味も名前も気に入っていました。
パッケージを見つけたときは、思わず小躍り♪
久しぶりに訪れたお店で思い出の味を買えるのってこんなに嬉しいことなんですね。
「この気持ちは忘れちゃいけないなぁ」と、噛み締めたのでした。

e0287190_16184821.jpg






e0287190_16465944.jpg

こちらは今回初めて訪れました。
倉庫みたいな外観から、扉を開けてびっくり!
e0287190_16470473.jpg
店内はお客さんでいっぱい!
滞在中に3回訪れたのですが、いつもこんな感じでした。
なかに入るのを思わず躊躇してしまうほどでしたが、
「これはおいしい証拠!」と、鼻息荒くコーヒーを購入。

e0287190_16471018.jpg

やはり間違いなかったです。
でも、さらにうれしかったのが、
カウンター脇にちょこんと置かれているスウィーツたちが
抜群においしかったんです!!
e0287190_16470708.jpg
甘すぎない味付け、素材の使い方、ディスプレイなど
妻はびしびし影響を受けていたようです。





というわけで
買ってきましたコーヒー豆!
e0287190_17155485.jpg

気持ちだけは負けじとドリップしますので、
ぜひ、きのストアーのお菓子とともにお楽しみくださいね!









[PR]
by kinostore | 2017-03-21 17:00 |

旅の理由


年に一度の長期休暇をいただいて、
昨年春に続き、アメリカ西海岸・ロサンゼルスを再訪しました。


昨年はBB-8 JETに乗りたくて、
初めて羽田からの深夜便を利用しましたが、
ロスに到着するのが夜で運転も不安だったし、
初めて時差ボケに苦労したので
今回はいつも通り成田夕方発ロス午前着の便に戻しました。


成田空港で浮世絵体験のイベントをしていて、
「今空いてるからどうぞどうぞ!」と促されるままに
せっかくの貴重な機会なので体験させてもらうことに。

e0287190_23162629.jpg
e0287190_23163349.jpg
日本人なのに、浮世絵のことをまったく知らなかったので
とっても勉強になりました!
出来上がった見返り美人。
英語の説明もつけてクリアファイルに入れてくれます。

e0287190_23163748.jpg
我が家は今回借りる家のホストにプレゼントして、
とっても喜んでもらえました。
今回の旅でも行く先々で「日本から来た」というと、
東京はエキサイティング!鎌倉の大仏がすごかった!などと
日本の魅力について熱く語る方々がたくさんいて、
自国ながら見過ごしていることも多いなぁと痛感します。


というわけで、今回もANAで。
今回ももちろん貯めたマイルをフル活用!
(…でないと、とてもじゃないけど行けません!笑)


e0287190_06231422.jpg


今回、機内映画が個人的に観たかったものばかりで
厳選するのに苦労しました!笑


e0287190_23361100.jpg
とりあえず『LA LA LAND』をもう一回観てから、
『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、
『この世界の片隅に』で号泣しながら到着しました。
のんさんの声がまた素敵だった。


前向きに生きることはいつだって難しいなと思う。
いつも何かにぶつかると、
呪文のように自分自身に言い聞かせます。

“人生は一度きり”

当たり前のよくある言葉だけど、
私にとっては一番の心の薬です。
家計はつねに自転車操業だし、
ただでさえ営業日も少ないのに旅に出ちゃうし、
現実を突きつけられるとへんな汗が噴き出すけれど、
今は今しかないのも事実。


日々仕事でお菓子を焼く私にとっても
日々成長し続ける子供たちにとっても
学ぶべきは机上の知識より経験だと思っています。
どんなにインターネットが普及して、
どんなに知識をかんたんに手に入れられるようになっても
その場に身を置かなければ磨くことができない“センス”。
我が家が無理してでも旅へ出る理由って、
そんな繊細で曖昧な、でも最大の人生の“護身術”を
身につけるためなんじゃないかなぁって思っています。




今回もぼちぼちと更新したいと思っていますが、
営業のお知らせを最優先に表示させるため、
旅行中の日にち(3/20-4/1)で更新していこうと思っています。
過去記事の扱いになりますので
よかったら旅カテゴリーから覗いてやってもらえると嬉しいです♪







[PR]
by kinostore | 2017-03-20 12:00 |

LEGOLAND Hotel


レゴランドで遊んだあとは、
併設のレゴランドホテルに宿泊しました。

e0287190_17400067.jpg

実際行ってみた結論としては、
レゴランドへ行ったらレゴホテルに泊まらないともったいない!
ということでした。


まずは、チェックイン。

e0287190_17384831.jpg

ロビーからしてレゴだらけ!
受付してくれたスタッフのお兄さんが
大の日本アニメ好きとのことで、
「え!日本から!?ぼく日本のアニメ大好き!
とくに「ナルト」が好きなんだ!」
…と言われても、我が家はまったく知らないんです。
ラーメンに浮かぶナルトは好きですが…。
ごめんね、お兄さん!!


というわけで、その後はプログラムの説明をじっくりと。
深夜までオープンしているディズニーランドとは違って
レゴランドは夕方6時くらいには閉まってしまうので、
その後はホテルでさまざまなアクティビティが用意されています。
ダンスホールでダンスパーティーとか、ロビーでレゴコンテストとか
館内探検などなど、どれも子どもが主役のプログラムばかり。
もちろんどれも参加無料です。


部屋もフロアごとにテーマがあって、
子どもたちが大興奮すること間違いなし。

e0287190_17424267.jpg

2段ベッドの子どもブースは、大人立ち入り禁止。
子ども専用テレビに、レゴブロックも常備。

e0287190_17424951.jpg

e0287190_17534357.jpg

部屋の中はレゴ一色!
アイスペールもレゴ。

e0287190_17405032.jpg

チェックインの際に館内の探検クイズ用紙が渡されて、
4桁の数字を完成させると、部屋の秘密の金庫が開けられて
なかにはなんとお土産が!(なぜか3セット…)
これには子どもたちも大興奮でした。

e0287190_22445183.jpg


食事もオールインクルードなので、
夕食も朝食もレストランのビュッフェで
自由に食べることができます。


e0287190_17403451.jpg


夕飯を食べたらシャワーを浴びて、プールサイドのレゴ上映会へ!
この日はレゴスターウォーズでした。

e0287190_17410344.jpg

湿度のないカリフォルニアならではの
心地よい夜空の下、みんなでスクリーンを眺める心地よさ。
忘れられない旅の想い出になりました。


名古屋にも今後レゴランドホテルが建設予定とのことで、
きっと日本ならではのきめ細やかで
素敵な演出がいっぱいなんだろうなぁと想像しています。
完成が楽しみですねー!








[PR]
by kinostore | 2017-03-06 10:00 |

LEGOLAND California Resort


もう長い間放置しっぱなしだった、
昨春のロサンゼルス旅日記。
行った本人でさえも記憶が薄れ始めてきたので(笑)
ディズニーランドと、もう一つの目的だった
レゴランドについて今更ながら書き留めておきます。
(ディズニーリゾートの旅日記は「前編」「後編」にて)

今春、日本にもオープンするので
わざわざカリフォルニアまで行かれる方も
いらっしゃらないかとは思いますが…


LEGOLAND California Resort」は、
ロサンゼルスから車で2時間弱南下した
Carlsbad(カールスバッド)という街にあります。
ここからさらに30分ほど南下すれば、なんとサンディエゴ。
道中は岩肌と草原、そして海岸線しかなく、
想像していたよりかなり寂しいオーシャンラインでした。

カールスバッドに着いてからも、
「え?本当にここにレゴランドがあるの?」
というくらいに何もないところで、
今を持って「なぜここだったんだ?」感が拭いきれず…。
日本にレゴランドができると聞いたときに
その場所が東京でも大阪でもなく名古屋だったとき、
もしやこれがレゴランドならではのセンスなのかも!と。
(名古屋の皆さま…楽しみにしています)

というわけで、「レゴランドこっち」表示を辿り、
無事パーキングに着いたのですが、
案内してくれるスタッフの英語が!
かなりのスペイン語訛りで聞き取れない!
確かに、サンディエゴを下るとすぐにメキシコとの国境で、
「な、なるほど!こうなるのか!」と感動しました。



というわけで、無事到着!

e0287190_17380610.jpg
旅行に来ても我が家は家族写真って滅多に撮らないのですが、
通りすがりのファミリーに「写真お願いしていい?」と言われて
撮ってあげたら、
「じゃ、次はあなたたちね!」と言われるがままに…笑
この旅唯一の家族写真!いい記念になりました!

ディズニーランド同様、チケットは家族違うデザイン。

e0287190_17395091.jpg



アトラクションは、ぜひHPで!
今春名古屋にできるレゴランドのアトラクションも
いくつか同じものがありそうです。
ディズニーよりも低年齢層に配慮したものも多くて、
小学生くらいがいちばん楽しめるかなぁ。
私のなかでは、浅草の「花やしき」的なにおい!
並ぶ時間も短いし、我が家の子どもたちは
ディズニーより断然レゴランドが楽しめたようです。

アトラクション以外で楽しかったのが、こちら。

e0287190_17401642.jpg

自分のミニフィグを持っていくと、
園内のミニフィグと何度でも交換できるんです!
写真のようにトレードする場所で交換してもいいし、
スタッフのネームタグについているフィグも
「交換してください〜」といえば喜んで交換してくれます。

我が家も事前に調べて、自宅から持って行きました。
そして最終的にこれになりました。
想い出になるすてきなシステムですよね♪

e0287190_17523389.jpg


そのほか、レゴブロックの歴史ブースや、量り売りも。

e0287190_17414909.jpg

こちらの名物スナック、グラニーズアップルフライ。
グラニースミス(りんごの品種→紅玉に似て酸味がある)を揚げて
シナモンシュガーを振ったものに生クリームをつけて食べる。
あっつあつで美味しかった!

e0287190_17423916.jpg


ミニランドもあります。
男子2人はスターウォーズブースに大興奮でした。

e0287190_17420989.jpg


もちろんショップもでっかいのがあります。

e0287190_21461364.jpg
むしろこっちがメインなんじゃないか…?と思うほどでしたが、
思ったよりも「おぉー!」というものがなく
大きな買い物はしませんでした。
(というより、レゴランドの入園料自体が高級!)

せっかくここまで来たので、
この日はレゴランドホテルに一泊しました。


続く!


e0287190_21462741.jpg









[PR]
by kinostore | 2017-03-05 21:56 |

ディズニーリゾート:後編


ロサンゼルス旅の続きです。

今回は、ディズニーリゾート後編です。(前編はこちら



宿泊先のロサンゼルス市内の家から
ディズニーリゾートのあるアナハイムまでは車で40分ほど。
といっても、ハイウェイを時速100kmくらいで走って、
しかも渋滞がない場合。
実際はジャンクションごとにもれなく渋滞…
約1時間くらいは見ておいたほうがいいかなと思います。

そんな前情報に加えて、
ディズニーランドの夜のパレードを観た後に
市内まで慣れない夜道を運転して帰る気力と体力、
そして技術力があるかといえば、即答で「NO!」。(笑)

というわけで、近くのホテルで一泊することに。
数あるホテルから選んだのは、「Hyatt Place at Anaheim

e0287190_14163478.jpg

なんとなく選んだホテルでしたが、結果とてもよかったです!
比較的新しいホテルなので、ハード面では申し分なし。
価格帯ゆえ過剰なサービスもアメニティもないですが、
スタッフの方も皆親切で、静かでぐっすり寝ることができました。
しかもありがたいのは、もれなく朝食付きだったこと。
ロビー横でさっと食べることができて、
気持ちよく出発できました。


e0287190_14333241.jpg



というわけで、先にチェックアウトを済ませて、
車はそのままホテルのパーキングに置いて、歩いてディズニーへ。
子どもたちとトボトボ歩きながら15分くらいだったかな。
今回は、ディズニーランドのすぐ向かいにある
ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー」へ。


e0287190_14441313.jpg

こちらは、ランドに比べて広々としていて、
とっても気持ちがよかったです。


アドベンチャーに来たら、やっぱりまずはここへ!

「カーズランド」

e0287190_14515608.jpg

最初にメインアトラクションの
「ラジエーター・スプリングス・レーサー」のファストパスを。
朝8時台に取ってもすでに13時台という人気ぶり。
とりあえず入り口まで下見に行ってみると
思ったより並んでいなかったので、
じゃあとりあえず一回乗っちゃおう!ということで
30分くらい並んで乗りました。
…いやはや楽しかった…!!

じゃあ、2回目は午後に…と一旦カーズランドを後にしました。
がしかし!のちにこれが思わぬ展開に!(笑)



その後、ぷらぷらと歩いていたら、
いつの間にか目の前にミッキーが!


e0287190_15265665.jpg

え?こんな普通にミッキーが目の前にいていいの!?…と
拍子抜けするくらい、間近で本格的なショーが観られるのも
アドベンチャーならではなのかもしれません。
しかも、このミッキーはじつは貴重な(?)ミッキーらしく、
目や口が動いて、しゃべるということで、
Talking Head Mickey " と言うそうです…。
(なんか呼び方がリアル…(笑)
青空の下、とてもすてきなひとときでした!



その後、緑が豊かな場所でのんびりランチ。


e0287190_15413672.jpg



「Paradise Garden Grill」という地中海料理のお店です。


左が串焼きチキンのプレート。右がギリシャ風サラダ。
どちらも美味しかったー!
まさかテーマパークでこんなに生野菜モリモリのサラダを
食べることができると思っていなかったので、嬉しかった!

e0287190_15425936.jpg


キッズミールは、美味しいとか美味しくないとか度外視して、
個人的にとても興味深いものでした。

Smucker'sのピーナッツバター&グレープジェリーサンドイッチ、
スライスアップル、生のベビーキャロット、
そしてネスクイックのチョコレートミルク。

e0287190_16121094.jpg

おそらくこれがこちらではポピュラーな
キッズミールなんだろうなぁと思います。
日本のキッズはぜひ一度、
アメリカンなお子様ランチにトライしてみてください。(笑)
私はある意味感動しました。



目の前では生バンドの演奏。
贅沢です。


e0287190_15422834.jpg





ランチの後は、我が家が今回のアドベンチャーで
一番楽しみにしていたアトラクションへ!


人気のアトラクションなので、ファストパス必須です。

e0287190_15431264.jpg



「Soarin' Over California」(ソアリン・オーバー・カリフォルニア)

e0287190_16121382.jpg

Soarin'とは、“舞い上がる”という意味だそうで
その名の通り、カリフォルニアの空を
飛んでいるような気分になれるアトラクションです。
行く前からとっても楽しみにしていたのですが、
想像以上に飛行感があって感動しましたー!!
アドベンチャーに行く機会があればぜひぜひおすすめです!

…と伝えようと思ったのですが、
なんと3年後くらいに
東京ディズニーシーにもできる計画があるそうです!
東京の上空をソアリンで堪能できる日が今から楽しみです♪



そして、2度目のカーズ!
…と思ったら、なんとシステムトラブルで休止とのこと…。
アトラクション前でうなだれる家族がいっぱい。
我が家も次はもう少しゆっくり堪能しようと思っていたのに残念。
と同時に、朝乗っておいてよかったぁ!と。
そんなこともあるので、ファストパス頼りも考えものだなぁと。
なかなか来ることができないだけに、
どうしても!と思っていたアトラクションは
並んででも先に乗ったほうがいいかもしれません。



この日はロス市内まで帰らないといけないので、
最後に「Ghirardelli」でサンデーを食べて
明るいうちに夢の国を後にしました。





人生、そんなに甘くない。
40年生きてやっぱりそう思います。
でも、だからこそ甘いものはとことん甘く。

きのストアーを始めたときに一番最初に掲げたコピー然り。

「甘いものがない人生なんて。」

改めてそう思います。


e0287190_16121536.jpg












[PR]
by kinostore | 2016-05-23 17:38 |

ビールのお話 in LA (後編)

こんにちは、レモン君です。
「ビールのお話 in LA(前編)」の続きです。

e0287190_22150732.jpg
まず最初に向かったのは
お兄さんリストのいちばん下。
その日、ちょうどPasadenaに行く予定があったので
ついでに"STONE"に寄ってみることにしました。


e0287190_22340373.jpg
(1階が店舗。見つけにくかった〜)

「よし!」と気合いを入れて店内へ。
日中だったにも関わらず、なかはお客さんでいっぱいでした。
カウンターにいたお店のお姉さんに
「えーと、グラウラーでビールをテイクアウトすることできます?」
と尋ねると
「もちろん。ちょっとあなたのグラウラー貸してみて」
と言ってくれたので
小躍りしながら僕のステンレスボトルをお姉さんに渡しました。
すると…

「あー、このタイプはダメなの。
 フタがね、こうやってパチンって閉められるタイプじゃないと
 ダメなのよー。ごめんなさいね」

それ以外にも
ダメな理由をお姉さんは明確に伝えてくれようとしてましたが、
僕の頭の中は他のことでいっぱいで、
何も耳に入ってきませんでした。
それは…

e0287190_22145902.jpg
「左のグラウラーにしておけば買えたのに!!!」(笑)





悔やんでばかりもいられないので
IPAのボトルを1本買って、そそくさと帰ってきたのでした。
e0287190_22111212.jpg
(Stone Company Store IPA $4.55)


でも、美味しかったな〜。
やっぱり、スーパーで買う瓶ビールとは全く違う!

「よーし、次こそ生ビール入れてもらうぞ!」」

と、鼻息だけはますます荒ぶるのでした。






そして、次の日に行ったのは
リストいちばん上の"Highland Park Brewery"。
e0287190_21353601.jpg
このときは夕暮れ時だったので
店内は完全に「大人のバー」な雰囲気。
「よし!」と、再度気合いを入れて店内へ。

カウンターのお姉さんに
「あのー、グラウラーでテイクアウトできます?」
「全然OKよ。グラウラー貸して」
よーし、ファーストステップクリアー!
お姉さんは丁寧に僕のステンレスグラウラーを洗い出しました。
「よし!これは絶対入れてくれるパターン!」
そして、お姉さんが
クラフトビールのタップに手をかけたそのとき!!

「ん?」

お姉さんの顔が一瞬くもりました。そして僕に
「これ…何オンスのボトルなの?」
「えっ!? たぶん40ozだと思うけど…」
「あー、ごめんなさい。ウチは32ozか64ozの販売なんだけど
 それぞれぴったりのサイズのグラウラーじゃないと
 売ってあげられないのよー。ビールのガス圧の関係でね…」


はい、きました!2回目!


e0287190_22145902.jpg
「左のグラウラーにしておけば買えたのに!!!」





しかし、そのとき
打ちひしがれている僕を見て、お姉さんが
「5ドル追加料金がかかっちゃうけど、
 ウチのグラウラーに入れてあげようか…?」と、助け舟。

払います!払います!$5くらい払いますよ!!
お姉さん最高ー!!ありがとー(泣)


というわけで、
ロスのクラフトビールがようやく僕の手元に届きました!

e0287190_21354072.jpg
(IPA 32oz beer $15 + new growler $5)


言わずもがなだけど、美味しかったーーー♪♪


STONEのお姉さん。
Highland Park Breweryのお姉さん。
そして、Trader Joe'sのお兄さん。
みんなの顔や、みんなと交わした会話を
思い出しながら飲んだビール。
決して忘れることのできない味になりました。



ロス滞在の日程もここでタイムアップとなり、
もう1軒は行くことができませんでした。
次のお楽しみということで。
(トレジョのお兄さん、本当にありがとー!)







ロスへ発つ前日、
ロス在住経験のある友人に会って話を聞くことができました。
彼女は、ちょっと危ないところもあるから気をつけてね
と言ったあと、
 「でもね、躊躇や遠慮ばかりしてたらなにもできないから。
  思いっきりエンジョイしてきてね!」
と、笑顔で送り出してくれました。

まさにこの言葉通りになった今回のビール旅。

ブリュワリーが探しきれないからもういいかー。
このグラウラーじゃダメだって。ちぇっ。
店員さんがなに言ってるのかよくわからないしなぁ。
あーもうビールくらいスーパーのでいいよ!

心が折れかけたことも何度かありました。
その度に思い出したのは、彼女の言葉。
その気持ちがあったから
トレジョのお兄さんにメモをもらえて、
ハイランドパークのお姉さんの優しさに
触れることができたんだと思っています。


僕の目的なんて、たかがビール。たかがお酒。
でも、その「たかが」の目的から
いつもいろんなことを経験できて
いろんなことを学べてるなぁと僕は思ってます。



次も
「躊躇や遠慮ばかりしてたらなにもできないから」
を忘れずに、また美味しいお酒飲むぞーー!!
















[PR]
by kinostore | 2016-05-18 12:01 |

ディズニーリゾート:前編


ロサンゼルスまで行ったら、
やっぱりディズニーランドは行っとかないと!

というわけで、地味旅行好きの我が家も、
今回ばかりは派手に(?)行ってまいりました。(笑)


カリフォルニア・ディズニーランド・リゾート」には
2つのテーマパークがあります。
1つは「ディズニーランド・パーク
もう一つは「ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー」。
東京で言うところの「ランド」と「シー」ですね!

我が家は今回、それぞれのパークを1日ずつ訪れることに。
今回は「ディズニーランド・パーク」についてのお話です。

何はともあれ、現在、開園60周年を祝う
「ダイヤモンド・セレブレーション」まっただ中。
TDLより空いているという噂の本国ディズニーですが
とっても混んでました…!!



e0287190_11481405.jpg


それでも、さすが元祖ディズニー!
もれなく夢の国をどっぷり堪能させていただきました。


チケットがまたかわいいのです。
レセプションのお姉さんが、それぞれの名前を書きながら
息子にはミッキー、娘にはミニーのチケットに
なるようにしてくれて、
名前の「 i 」の「・」をミッキーのカタチに書いてくれたりと
それはそれは芸が細かい!
いちいち「おぉ〜!」と感動する我が家でした。(笑)

e0287190_11502678.jpg



パーク全体の位置関係は、東京とほぼ同じという印象でした。
ただ、びっくりしたのは、なんだか狭いかも!と感じたこと。
東京でいつもドデーンとセンターに構えているシンデレラ城も、
すごくこじんまりしていて、
「え!これが?」ってなりました。(笑)


e0287190_12081317.jpg




とはいえ!TDLにはない魅力もいっぱいなのです。
とくに今回、我が家はこれに尽きました。


「Star Wars Season of the Force」
米ディズニーで開催されているスターウォーズイベントで、
トゥモーローランドはスターウォーズ一色でした。

e0287190_14351266.jpg

とりあえず、スターツアーズのファストパスを取って…。
…と、夫がすでにここで「おぉー!」となっていまして…
私にはよくわかりませんが、
「発券機がゴンクだよ!ゴンク!!」と興奮してました。(苦笑)


e0287190_14563853.jpg

その間に、

スターウォーズ資料館的施設「ローンチ・ベイ」と、

e0287190_15034375.jpg


スターウォーズグッズを扱う「スタートレーダー」へ。
なんとここでは、「ドロイド・ファクトリー」で
オリジナルのドロイドを作ることができるんです。


e0287190_15041512.jpg

頭や胴体・手足などの様々なパーツを組み合わせて
ブリスターパックに入れて完成!
レジで名前用のアルファベットシールをもらえるので、
好きな名前をつけることができます。

e0287190_15323908.jpg


ふたりともかなり夢中になって組み立てて、
息子はミッキーの耳にするかかなり悩んで
(かっこよさをとるか、想い出をとるかで(笑))
結局ディズニーならではのパーツを選んだようです。
いいお土産になりました!


e0287190_15325400.jpg


その後、スターツアーズ→スペースマウンテンへ。
こちらも、現在スターウォーズ仕様の
「ハイパースペースマウンテン」。

e0287190_19292657.jpg

娘は「絶対無理!」とのことで、男子2人で。
息子はTDLでも乗ったことがないので初スペースマウンテンでしたが
かなり興奮したようです。
私も乗りたかったなぁ…(泣)

その間、私は娘とファンタジーランドへ。


e0287190_19221711.jpg


家族別行動になっても、
ソフトバンクの「アメリカ放題」のおかげで
SprintでiPhoneが使えるので本当にラク!
さらにDisneyland公式のアプリを入れておけば
待ち時間もすぐに確認できておすすめです♪



ランチは、「Galactic Grill」で。

e0287190_16523167.jpg


これまたスターウォーズメニュー一色で、
しかも時間によっては「Jedi Training」のショーを観ながら
食事ができるので、いわば“スターウォーズカフェ”です!


ネーミングも楽しくて、
“Han Burger” とか“Cheese-3PO Burger” 、
“Wicket's Wicked Veggie Sandwich” などなど。

そして、思っていたよりおいしかった!
今回、夕飯もパーク内で食べましたが、
どこもおいしくて逆にびっくり!(笑)

e0287190_16575109.jpg



その後も、パレードを見たり、

e0287190_17225777.jpg



プレッツェル食べたり、


e0287190_17242379.jpg


夜のショー「Disneyland Forever」も素敵でした!
TDLなら閉園時間ギリギリまで…なんて
欲張ってしまうところですが…
こちらの閉園時間は、なんと夜中の12時!

「あとは若いもんに任せて…」と、
這いつくばるようにランドを後にしました。(笑)


この日は近くのホテルで一泊。
続きはまた次回!



e0287190_17262479.jpg











[PR]
by kinostore | 2016-05-17 17:36 |