ブログトップ

今日のストアー

kinostore.exblog.jp

ビールのお話 in LA (後編)

こんにちは、レモン君です。
「ビールのお話 in LA(前編)」の続きです。

e0287190_22150732.jpg
まず最初に向かったのは
お兄さんリストのいちばん下。
その日、ちょうどPasadenaに行く予定があったので
ついでに"STONE"に寄ってみることにしました。


e0287190_22340373.jpg
(1階が店舗。見つけにくかった〜)

「よし!」と気合いを入れて店内へ。
日中だったにも関わらず、なかはお客さんでいっぱいでした。
カウンターにいたお店のお姉さんに
「えーと、グラウラーでビールをテイクアウトすることできます?」
と尋ねると
「もちろん。ちょっとあなたのグラウラー貸してみて」
と言ってくれたので
小躍りしながら僕のステンレスボトルをお姉さんに渡しました。
すると…

「あー、このタイプはダメなの。
 フタがね、こうやってパチンって閉められるタイプじゃないと
 ダメなのよー。ごめんなさいね」

それ以外にも
ダメな理由をお姉さんは明確に伝えてくれようとしてましたが、
僕の頭の中は他のことでいっぱいで、
何も耳に入ってきませんでした。
それは…

e0287190_22145902.jpg
「左のグラウラーにしておけば買えたのに!!!」(笑)





悔やんでばかりもいられないので
IPAのボトルを1本買って、そそくさと帰ってきたのでした。
e0287190_22111212.jpg
(Stone Company Store IPA $4.55)


でも、美味しかったな〜。
やっぱり、スーパーで買う瓶ビールとは全く違う!

「よーし、次こそ生ビール入れてもらうぞ!」」

と、鼻息だけはますます荒ぶるのでした。






そして、次の日に行ったのは
リストいちばん上の"Highland Park Brewery"。
e0287190_21353601.jpg
このときは夕暮れ時だったので
店内は完全に「大人のバー」な雰囲気。
「よし!」と、再度気合いを入れて店内へ。

カウンターのお姉さんに
「あのー、グラウラーでテイクアウトできます?」
「全然OKよ。グラウラー貸して」
よーし、ファーストステップクリアー!
お姉さんは丁寧に僕のステンレスグラウラーを洗い出しました。
「よし!これは絶対入れてくれるパターン!」
そして、お姉さんが
クラフトビールのタップに手をかけたそのとき!!

「ん?」

お姉さんの顔が一瞬くもりました。そして僕に
「これ…何オンスのボトルなの?」
「えっ!? たぶん40ozだと思うけど…」
「あー、ごめんなさい。ウチは32ozか64ozの販売なんだけど
 それぞれぴったりのサイズのグラウラーじゃないと
 売ってあげられないのよー。ビールのガス圧の関係でね…」


はい、きました!2回目!


e0287190_22145902.jpg
「左のグラウラーにしておけば買えたのに!!!」





しかし、そのとき
打ちひしがれている僕を見て、お姉さんが
「5ドル追加料金がかかっちゃうけど、
 ウチのグラウラーに入れてあげようか…?」と、助け舟。

払います!払います!$5くらい払いますよ!!
お姉さん最高ー!!ありがとー(泣)


というわけで、
ロスのクラフトビールがようやく僕の手元に届きました!

e0287190_21354072.jpg
(IPA 32oz beer $15 + new growler $5)


言わずもがなだけど、美味しかったーーー♪♪


STONEのお姉さん。
Highland Park Breweryのお姉さん。
そして、Trader Joe'sのお兄さん。
みんなの顔や、みんなと交わした会話を
思い出しながら飲んだビール。
決して忘れることのできない味になりました。



ロス滞在の日程もここでタイムアップとなり、
もう1軒は行くことができませんでした。
次のお楽しみということで。
(トレジョのお兄さん、本当にありがとー!)







ロスへ発つ前日、
ロス在住経験のある友人に会って話を聞くことができました。
彼女は、ちょっと危ないところもあるから気をつけてね
と言ったあと、
 「でもね、躊躇や遠慮ばかりしてたらなにもできないから。
  思いっきりエンジョイしてきてね!」
と、笑顔で送り出してくれました。

まさにこの言葉通りになった今回のビール旅。

ブリュワリーが探しきれないからもういいかー。
このグラウラーじゃダメだって。ちぇっ。
店員さんがなに言ってるのかよくわからないしなぁ。
あーもうビールくらいスーパーのでいいよ!

心が折れかけたことも何度かありました。
その度に思い出したのは、彼女の言葉。
その気持ちがあったから
トレジョのお兄さんにメモをもらえて、
ハイランドパークのお姉さんの優しさに
触れることができたんだと思っています。


僕の目的なんて、たかがビール。たかがお酒。
でも、その「たかが」の目的から
いつもいろんなことを経験できて
いろんなことを学べてるなぁと僕は思ってます。



次も
「躊躇や遠慮ばかりしてたらなにもできないから」
を忘れずに、また美味しいお酒飲むぞーー!!
















[PR]
by kinostore | 2016-05-18 12:01 |
<< 今週のストアー ディズニーリゾート:前編 >>