ブログトップ

今日のストアー

kinostore.exblog.jp

お菓子を焼きながらいつも思っていること


2014年の営業は12月20日(土)をもちまして終了しました。
今年も県内外からたくさんのお客さまがご来店くださり、
また、「空ストアー」も日本全国の方にご利用いただき、
本当に本当にありがとうございました。

店頭では、今年はとくに
県外からのお客さまにお立ち寄りいただく機会が増え、
日本各地のすてきなお話をたくさん伺うことができました。
また、韓国や台湾など国外からのお客さまもいらしていただき、
沖縄観光の新しい一面を体感することもできました。


「きのストアー」は、沖縄本島のなかでも
いわゆる“観光ルート”と呼ばれる場所からも外れ、
ふらりと寄っていただくようなところにはありません。
オープン当初、近所の方々に気軽に寄っていただけるお店を
目指していた私たちにとって、
“わざわざ”遠方から足を運んでいただくことに
気負いがなかったというと嘘になります。
ただ、来てくださるお客さまとお話をするうちに
私たちに求められているのは、
今までと何ら変わらない普段の姿だったように思います。

いつも恐縮する私たちにかけてくださる言葉は決まって
(こんな場所にこんなお店)だからいいんじゃないですか〜!」でした。

東京から沖縄に住まいを移して、
早いもので10年の月日が経ちました。
今では“訪れる沖縄”を感じるのは難しくなっていますが
こうして県外からのお客さまとふれあうことで
当初私たちが沖縄に求めていた癒しの部分に
「きのストアー」が少しでも貢献できていたら
それ以上に嬉しいことはありません。


また、「空ストアー」については
まだシステムがきちんと確立しておらず、
ご利用に際しご迷惑をおかけしてしまったかと思います。
それでも頼んでみたい、食べてみたいと思ってくださったことに
今はただただ感謝の気持ちでいっぱいです。
今後はホームページで通販のページを設けるなど、
もっと気軽にご注文いただける方法を考えたいと思っています。
通販に関しては、直接お会いできずもどかしい面もありますが、
その分、お菓子をお渡しして終わってしまう店頭販売とは違い、
お菓子のその後の感想をメールやお手紙でいただくことも多く、
いちばんうれしいな、と思うのは
「退院した母と一緒にいただきます」
「こどもが生まれたばかりで、その合間にいただいています」
「夫にはないしょで独り占めしています」
「家族でジャンケンで決めています!」など
お菓子の周りにあるシチュエーションを教えていただけることです。
私の頭の中の浅はかな想像でしかありませんが、
それぞれの光景を想うと、胸が熱くなります。
これからも全国各地で少しでもお役に立てますように。



店頭も空ストアーも
来年もいつもと変わらない姿勢で、
けれど新しい何かも感じていただけるように。
オープン当初から変わらないテーマ
「懐かしくて、ちょっと新しい」を目指して
日々精進したいと思っています。


長くなってしまいましたが、
日々に追われてなかなか言葉でお伝えできない気持ちを
今年一年の締めくくりに書かせていただきました。

今年も一年、ありがとうございました!
そして来年もどうぞよろしくお願いします。



あ!いちばん大切なこと!
新年は8日(木)より営業いたします!!



きのストアー
牧野 洋介/さくら



e0287190_11363267.jpg











[PR]
by kinostore | 2014-12-21 11:45 | お知らせ
<< 空ストアー(通販)のご案内 空ストアーについて >>